ぶろぐ 前鳥の森から

神奈川県平塚市四之宮に鎮座する前鳥神社(さきとりじんじゃ)のブログです。

崇敬会大祭 斎行される

5月16日(土)、第45回 崇敬会大祭が斎行され、日頃の御神恩に感謝の誠を捧げ、崇敬会の充実発展 並びに会員及び家族の健康安全を祈願しました。

 

例年、古代行列をはじめとする様々な催し物で賑わいますが、今年度は新型コロナウイルス感染症感染防止の為、崇敬会正副会長参列のもと神事のみの斎行となりました。

更に、新型コロナウイルス感染症流行鎮静祈願祭も併せて行いました。

 

伊藤栄雄会長のご挨拶にもありましたが、事態が一日も早く収束し、来年度の崇敬会大祭はよりいっそう盛大に行うことができますようお祈り申し上げます。

 

 

f:id:sakitorijinja:20200516174555j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20200516165318j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20200516165511j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20200516165541j:plain

 

さきとり幼稚園 ミニ登園

新型コロナウイルス感染症に伴い、神奈川県は未だ緊急事態宣言が発出されています。

さきとり幼稚園は1学期始業式並びに入園式後から、臨時休園となっています。

命を守る臨時休園です。今後も不要不急の外出は控えなければなりません.

休園中の幼稚園ですが、4月の一回目に続いて本日と昨日 二回目のミニ登園日となりました。

 

久しぶりに会ったお友達や先生と、皆 マスク姿ではありますが笑顔で会話を弾ませていました。

 

f:id:sakitorijinja:20200515110646j:plain

f:id:sakitorijinja:20200515110717j:plain

f:id:sakitorijinja:20200515110746j:plain




 

 

境内は今

5月の境内は緑が目に鮮やかに映ります。

f:id:sakitorijinja:20200510150115j:plain

 

奨学桜。根元には今年も白い葉が出てきました。

f:id:sakitorijinja:20200510145816j:plain

 

幸せの松の下にはアヤメが。

f:id:sakitorijinja:20200510145850j:plain

 

見た目は怖いですが、蜂の中でも穏やかな性質だといわれているクマバチ(熊蜂)が,

蜜を吸いに飛来しました。

f:id:sakitorijinja:20200510145919j:plain

 

さらに

イソヒヨドリ」が、美しいを声を聞かせてくれていますが、レンズを向けると逃げられてしまいました。

 

 

 

相模国府祭臨時祭斎行

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、今年の国府祭は臨時祭というかたちにての斎行となりました。

 

午前9時 相模国府祭臨時祭

前鳥神社の御社殿にて責任役員参列のもと宮司・総代(奉迎使)は正装にて祭典に臨みました。

祝詞では感染症の蔓延から、先ずは今年の国府祭が神揃山並びに王家場への神輿渡御が叶わないことが奉告され、相模の國・氏子崇敬者の安寧等が祈られ、加えてこの度の感染症の一日も早い収束が祈願されました。

f:id:sakitorijinja:20200505143042j:plain

f:id:sakitorijinja:20200505143108j:plain

f:id:sakitorijinja:20200505143135j:plain

その後

宮司・総代は前鳥の大神の御分霊としての守公神(しゅこうしん)と共に、総社六所神社に向かいました。

 

午前11時 総社御大祭(そうしゃおんたいさい)

六所神社に参集した類社の宮司・総代は総社御大祭に臨みました。

はじめに総社御本殿の御扉が開かれ、お供え物が献じられました。

f:id:sakitorijinja:20200505143223j:plain

f:id:sakitorijinja:20200505161220j:plain

 

総社宮司祝詞奏上の後には、各神社の守公神を総社にお納めする

神対面(かみたいめ)の儀が行われました。

f:id:sakitorijinja:20200505143415j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20200505143525j:plain

 

千年以上の歴史を有する相模国府祭

過去にも中断の時期や、神輿渡御が行われない時もありましたが、疫病の蔓延による中止ということは国府祭史上無かったことでしょう。

しかしこのような国難の時でも、相模の國の六神社の氏子並びに神職の力により、かたちは違えども「いずれ明年まで」に繋がる祭典をつつがなく執り行う事ができました。

 

相模国府祭類社会では国府祭を記念しての限定御朱印(書置き)を頒布しております。

祭典終了後でも当面授与しておりますので、ご案内申し上げます。

f:id:sakitorijinja:20200505150034j:plain

 

 

 

 

 

 

 

左喜登利会のご奉仕

神社役員のOB会で組織される左喜登利会。

国府祭前の境内の手入れは、年間の事業計画によるものです。

松の手入れに、除草、生け垣の剪定等の作業に励みました。

国府祭は中止になりましたが、一生懸命に奉仕作業をして、感染症の一日も早い収束を祈りましょう。」とは、会長の朝のミーティングの際の弁です。

 

f:id:sakitorijinja:20200503135707j:plain

 

 

f:id:sakitorijinja:20200503135742j:plain

 

国府祭 特殊神饌

5月5日の相模国府祭は中止となりましたが、毎年 神揃山(かみそろいやま)の祭典にて御神前にお供えされる特殊神饌(とくしゅしんせん)。今年は前鳥神社の御神前で執り行われる相模国府祭臨時祭に供えられます。

境内にはその三品がその出番を待っています。

 

山椒(さんしょう)

f:id:sakitorijinja:20200502092431j:plain

 

恵保田(えぼた) 

f:id:sakitorijinja:20200502092518j:plain

 

杏子(あんず)

f:id:sakitorijinja:20200502092608j:plain

 

昭和祭と奉仕作業

昭和祭は昭和天皇が御誕生された4月29日に昭和天皇のご聖徳をお讃え申し上げる祭りです。

今年は併せて新型コロナウイルス感染症鎮静祈願祭も併せて執り行われました。

拝殿には感染拡大防止の観点から玉串奉奠者のみが昇殿、他の参列者は外の向拝前にて参列、という対応になりました。

 

祭典終了後は氏子役員様には恒例の境内奉仕作業が行われました、

大駐車場の柘植の剪定や除草、更には樹木の消毒作業を行いました。

 

四之宮のお年寄りで組織される「明寿会」の皆さまによる表参道の清掃奉仕も行われました。

 

皆さま有り難うございました。お疲れさまでした。

 

f:id:sakitorijinja:20200429142453j:plain

f:id:sakitorijinja:20200429142417j:plain

f:id:sakitorijinja:20200429142609j:plain

f:id:sakitorijinja:20200429144002j:plain

f:id:sakitorijinja:20200429143604j:plain

f:id:sakitorijinja:20200429143705j:plain











 

 

 





樹木伐採清祓い

境内西側道路側の欅の大樹、樹木医の診断によると、幹や枝にかなりの腐朽が進んでおり、危険性があるとのことでした。

そこで責任役員会にて協議の結果、大切な神社の財産ではあるが安全第一に考え、伐採することになりました。

このほど役員並びに業者参列のもと、伐採清祓いを行いました。

お祓い後は早速に作業が始りました。

f:id:sakitorijinja:20200427222849j:image

f:id:sakitorijinja:20200427222919j:image

f:id:sakitorijinja:20200427222929j:image

 

前鳥神社

〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮4-14-26
御朱印・お守り 受付時間・・・・8時〜17時
御祈祷 受付時間・・・・9時〜16時30分

TEL 0463(55)1195 FAX 0463(55)1370

ご質問|お問い合わせ