ぶろぐ 前鳥の森から

神奈川県平塚市四之宮に鎮座する前鳥神社(さきとりじんじゃ)のブログです。

13日は十五夜でした

子供の頃、「お月見の団子は、黙ってとっていっても泥棒にはならないんだよ」と言われましたが、

実際にとったことはありませんでした。

13日は十五夜でした。

以下の文章はサイト「四季の美」からの引用ですが、写真は我が家から見えた月と我が家のお供えです。

 

日本では太古の昔から月を神聖視していたようです。
十五夜ではありませんが、縄文時代には月を愛でる風習があったといわれます。

十五夜の月見が盛んになったのは、平安時代
貞観年間(859~877年)ごろに中国から伝わり、貴族の間に広まりました。

月を見ながら酒を酌み交わし、船の上で詩歌や管弦に親しむ風流な催しだったそうです。
貴族たちは空を見上げて月を眺めるのではなく、水面や盃の酒に映った月を愛でました。

庶民も広く十五夜を楽しむようになったのは、江戸時代に入ってからだといわれます。
貴族のようにただ月を眺めるのではなく、収穫祭や初穂祭の意味合いが大きかったようです。

十五夜のころは稲が育ち、間もなく収穫が始まる時期。
無事に収穫できる喜びを分かち合い、感謝する日でもありました。

f:id:sakitorijinja:20190914212045j:image

f:id:sakitorijinja:20190914212057j:image

f:id:sakitorijinja:20190914212028j:image

倒木の処理が終わりました

千葉県では依然と停電が続いており、台風の爪痕があちこちに残されているようです。

当神社の境内の倒木も、専門業者が三日かがりで処理が終わりました。

祖霊社裏のヒマラヤスギ、年輪を数えてみると、樹齢55年位でした。

おそらく、御鎮座千六百年祭頃に氏子様により献木されたものと思われます。

f:id:sakitorijinja:20190913215619j:image

f:id:sakitorijinja:20190913215707j:image

「幸せの松」の枝の処理も行われました

f:id:sakitorijinja:20190913215834j:image

さきとり幼稚園公式サイト リニューアルしました。

この度、さきとり幼稚園の公式サイトをリニューアルしました。

幼稚園の活動がより見やすくなりました。神社のブログと併せてご覧ください。

本サイトのトップページ「さきとりようちえん」のバナーからご覧いただけます。

尚、アドレスは sakitori-kdg.jp  です。

台風の被害 氏子様のご奉仕 三日目

台風15号はあちこちに大きな被害をもたらしました。

当神社も目通り直径50センチほどのヒマラヤスギ・椎の木が倒れました。

御蔭様にて怪我人や近隣へのご迷惑をかけることが無く幸いでした。

枝や葉が境内一面に散乱し、その片付け処理に神社役員・顧問・太鼓保存会の方々が急遽、駆けつけてくださいました。

大変暑い中の作業でしたが、人海戦術で午前中には終了することができました。

連日のご奉仕 誠に有り難うございました。

10日は専門業者により倒木の撤去が行われる予定です。

f:id:sakitorijinja:20190909185818j:image

f:id:sakitorijinja:20190909185905j:image

 

崇敬会主催研修講演会が行われました

7日、崇敬会主催による研修講演会「前鳥神社の昔と現代における神社信仰について」が開催されました。

今回は 相模國総社六所神社の柳田直継宮司様にご講話を頂きました。

f:id:sakitorijinja:20190909172129j:plain

 長年、重鎮として斯界を率いてこられたご経験から、実になる話をたくさん聞かせていただきました。

「日本人の特性である勤勉さ。礼儀正しさ。これらは稲作から始まった文化による。

 たとえば棚田では段差のある田んぼのすべてに均等に水がまわるように鍬で作る。

 高い技術力…日本人の能力の高さをここに見ることができる。

 礼儀正しさ…日本人をつぶすには働かせなければよい。」など。

 

当日の参加者は70名。皆、熱心に聞き入っていました。

柳田宮司様には翌8日は六所神社例大祭「櫛魂(くし)まつり」があるにもかかわらず

御多忙な中をお越しくださり感謝申しあげます。

講演会に参加してくださった皆様にも誠にありがとうございました。

今日の御縁が、また明日からの英気と実りにつながっていきますように。

 

 

 

 

ご例祭前の氏子会境内清掃奉仕

昨日の左喜度利会の清掃奉仕に続きまして、本日は氏子会役員によるご例祭に向けての境内清掃奉仕が行われました。

f:id:sakitorijinja:20190908112419j:plain

飯野氏子総代並びに神代宮司による清掃奉仕前の挨拶

f:id:sakitorijinja:20190908112648j:plain

御社殿屋根の枯れ葉落とし

f:id:sakitorijinja:20190908112734j:plain

玉垣に面してる生け垣の剪定作業

f:id:sakitorijinja:20190908112813j:plain

高い所の桜の木の剪定作業

f:id:sakitorijinja:20190908112908j:plain

大駐車場の清掃と生け垣の剪定作業

f:id:sakitorijinja:20190908112936j:plain

氏子役員の皆様暑い中ご奉仕、ありがとうございました。

大神さまも清々しい境内をお喜びのことと存じます。



 

 

例大祭を前に境内整備と櫓(やぐら)建てのご奉仕

7日に左喜登利会の皆様による境内整備と、太鼓保存会・宮世話人の皆様による櫓(やぐら)建て作業が行われました。

 

左喜登利会では例大祭に向けて境内整備のご奉仕を行いました。雑草を取り、樹木を剪定して庭が美しく整備されました。

f:id:sakitorijinja:20190907190340j:plain

f:id:sakitorijinja:20190907190413j:plain

f:id:sakitorijinja:20190907190311j:plain
境内整備の後は理事会を行い、例大祭奉仕の打ち合わせを行いました。

 

一方、太鼓保存会と宮世話人の皆様のご奉仕で、例大祭で太鼓の奉納演奏する櫓(やぐら)の設営作業が行われました。

櫓の部材を運んで組み立てます

f:id:sakitorijinja:20190907191935j:plain

f:id:sakitorijinja:20190907192020j:plain

f:id:sakitorijinja:20190907192204j:plain

屋根の部分はシートをかけて養生します

f:id:sakitorijinja:20190907192236j:plain

手慣れた作業で無事に完成しました
f:id:sakitorijinja:20190907190014j:plain

 

どちらの作業も汗だくになりながらのご奉仕でした。お疲れ様でした。

年末年始 前鳥神社で ご奉仕なさいませんか

当神社では、年末年始に臨時の巫女、駐車場の整理等する男性奉仕者の募集を行っています。

今年も来る、令和2年のお正月を迎えるにあたり助勤者を募集します。

ご奉仕をご希望の方は、下記の事項をご確認して頂きお申込み願います。

尚、平塚市内若しくは、平塚市近隣に在住の方を優先させて頂きます事を申し添えます。

 

                  記

【奉仕期間】

・令和元年12月25日~令和2年1月6日

・奉仕期間のうち、12月25日~1月3日までは必ずご奉仕できる方に限ります。

・個々の奉仕日程(休日含む)は神社側で決めさせて頂きます。

【奉仕時間】

・12月25日~12月30日  8:30~17:30

・1月2日~6日        8:00~17:00 (時間延長有り)

・12月31日から1月1日にかけては深夜のご奉仕となります。

 又、1月1日のご奉仕については説明会にて説明いたします。

【奉仕資格】

・16歳(高校生)~男女(年齢は要相談)

・男女ともに明朗快活にご奉仕できる方

【奉仕料】

・日給制

【注意事項】

・神社に相応しい気品のある態度で奉仕してください。

・茶髪、アクセサリー着用、厚化粧でのご奉仕は出来ません。

・奉仕期間中のアルバイトの掛け持ちはご遠慮ください。

・SNSへの投稿など、神社の尊厳を損なう行為は固く禁じています。

【申込締切】

・令和元年11月17日 日曜日 17時締切

【面接日】

・未経験者につきましては、下記の日程で面接を行いますので必ず出席してください。

 時間は追って連絡致します。

・令和元年12月1日 日曜日

【申込方法】

・電話、ファクシミリ、メールのいずれかにて「年末年始奉仕希望」として住所、

 氏名、電話番号をお知らせください。

 後日、申込書を郵送致しますので必要事項ご記入後返送して頂くか、社務所にご持

 参ください。

【お問い合わせ先】

前鳥神社社務所 電話番号  0463(55)1195 

      ファクシミリ  0463(55)1370

                E-mail: info@sakitori.jp

前鳥神社ホームページ      URL  http://www.sakitori.jp                                     

だるま六日間祈願   

ただいま前鳥神社の御神前にて、だるまの六日間の祈願を行っています。

人気の六日間祈祷だるまには、学業成就祈願だるまと就職成就祈願だるまがありますが、今回は学業成就の祈願だるまの六日間祈願です。

御神前にてお祓いを行い、学業成就特別祈祷の祝詞を奏上、その後金幣を振ります。

六日間祈願を行った後、はじめて参拝者に授与されます。

学業成就祈願だるまをお受けになる皆様の学業成就が叶いますように。

f:id:sakitorijinja:20190830170756j:plain

お礼参りで奨学神社にお供えされた  だるま

f:id:sakitorijinja:20190902141708j:image

青年会献灯作業行う

9月に入りましたが、日中の暑さはまだまだ厳しいです。

体調には充分にお気をつけください。

 さて、今月28日は前鳥神社の例大祭です。今年の例大祭元号が平成から令和に変わって初めての例大祭が行われます。新しい御代のお祭りを成功させるべく、様々な準備がこれからはじまります。

先ずは、本日お祭りには欠かせない氏子青年部による献灯作業が一日がかりで行われ、およそ300灯のご芳名入提灯が境内に飾られました。

f:id:sakitorijinja:20190901155819j:plain

f:id:sakitorijinja:20190901164844j:plain

f:id:sakitorijinja:20190901165140j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20190901165308j:plain

f:id:sakitorijinja:20190901165403j:plain

f:id:sakitorijinja:20190901165438j:plain

f:id:sakitorijinja:20190901165508j:plain

f:id:sakitorijinja:20190901165547j:plain

青年部員の皆さん献灯奉仕作業 暑い中お疲れ様でした

前鳥神社

〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮4-14-26
御朱印・お守り 受付時間・・・・8時〜17時
御祈祷 受付時間・・・・9時〜16時30分

TEL 0463(55)1195 FAX 0463(55)1370

ご質問|お問い合わせ