ぶろぐ 前鳥の森から

神奈川県平塚市四之宮に鎮座する前鳥神社(さきとりじんじゃ)のブログです。

相模国府祭見物のご案内

五月五日に行われる相模国府祭が近づいてまいりました。

五月一日から新しい元号「令和」となって五日目に行われる本年は、天皇陛下御即位を奉祝し御霊神輿の先頭に「奉祝 天皇陛下御即位」の幟を掲げて渡御を行います。

四之宮前鳥神社の行程は、氏子の皆様に配布いたしましたチラシ「五月五日 相模国府祭見物のご案内」を掲載しますのでこちらを御覧下さい。f:id:sakitorijinja:20190427182236j:plain

f:id:sakitorijinja:20190427182230j:plain

千年以上の歴史ともいわれる相模国最大の祭典です。古式ゆかしい神事と神輿渡御を是非御覧下さい。

神輿担ぎの練習会

相模国府祭が近づいてきました。

今日は氏子青年会  宮世話人を中心とする氏子さんが集まり、神輿担ぎの練習が行われました。

足の運びも軽やかに、鈴を鳴らして担ぐ四之宮の神輿担ぎは天下一品です。

担ぐ練習の時間より休憩の方が長いように感じましたが、

休憩時間も大切な時間なのだそうです。

f:id:sakitorijinja:20190428140153j:image

f:id:sakitorijinja:20190428140223j:image

f:id:sakitorijinja:20190428140258j:image

明寿会様のご奉仕

明寿会様(四之宮のご老人組織)に表参道の清掃をご奉仕いただきました。

「雨上がりで掃除しづらいね」と、おっしゃっりながらも1時間ほどで、

すっかり綺麗になりました。

会員の皆様、有り難うございました。

ネット上でも、「しっかりと整備が整っている参道」との評判ですが、

そこには氏子様や職員の手による日頃の管理があることは、申すまでもありません。

f:id:sakitorijinja:20190427095222j:image

f:id:sakitorijinja:20190427095236j:image

 

除草作業

春もたけなわ、暖かさとともにあちこちに草が生えてきました。

国府祭の御霊神輿がお通りになる参道です。入念に除草作業が行われました。

「雑草という草はないんですよ。どの草にも名前はあるんです。どの植物にも名前があって、それぞれ自分の好きな場所を選んで生を営んでいるんです。」とは昭和天皇のお言葉です。

f:id:sakitorijinja:20190424072351j:image

左喜登利会の定期総会

神社役員のOB会であります、左喜登利会の定期総会が研修殿にて行われました。

各議案は慎重審議の後、承認可決されました。

また、創立30周年記念事業として、表参道にソメイヨシノの桜の若木5本が

植樹されたことが報告されました。

さらに、役員の変更として、このたび田辺剛会長が退任され、鈴木文雄氏が新たに

会長に就任されたことが、報告されました。

総会後は、昨年の前鳥神社御鎮座千六百五十年式年大祭の記録映像を鑑賞し、

大きなお祭りを、無事にご奉仕できたことに感慨を新たにしました。

懇親会は市内の宴会場に場所を移し、親睦を深めました。

 

f:id:sakitorijinja:20190421144040j:plain

f:id:sakitorijinja:20190421144120j:plain

f:id:sakitorijinja:20190421210447j:image

さきとり幼稚園児 新年度のお参り

さきとり幼稚園の園児たちは礼儀の時間にて、様々なお作法を学んでいます。

年長組が、今日はそのお作法を使って、新年度の参拝を行いました。

拝殿での正座、お祓いを受ける姿勢など堂に入ったものです。

来年の卒園まで、みんな病気や怪我をしないで過ごせますように。

色々な事に挑戦して逞しく成長し、思い出がたくさんできますように。

f:id:sakitorijinja:20190419172041j:image

f:id:sakitorijinja:20190419172117j:image

f:id:sakitorijinja:20190419172143j:image

 

 

 

高梨様 金婚式のご様子

おめでたいことに先月、前鳥神社の写真を数多く撮影している氏子のアマチュア写真家 高梨英一様と奥様の金婚式が行われました。(顔出し許可了解済)

 

金婚式とは、結婚50年目を祝う式でございます。言葉で聞くのはたやすいですが、お二人の絆は文章には表せない程の、もしくはそれ以上のものでしょう。

人生のほとんどを共に歩まれました。

f:id:sakitorijinja:20190418104818j:plain

まずは手水舎にて手を清めます。

 

f:id:sakitorijinja:20190418110513j:plain

胡床(こしょう)に座った途端、まっすぐな眼差しになりました。

神さまに真剣にお顔合わせするお気持ちが整ったようです。

 

明かりをつけなくてもいい程の明るい光りが、社殿内を照らしました。

前鳥大神さまがしっかり見守っていると、お伝えしているかのようでした。

f:id:sakitorijinja:20190418111103j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20190418111238j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20190418111259j:plain

 

 

f:id:sakitorijinja:20190418112056j:plain

宮司様直々に金婚式が行われ、高梨様ご夫婦は大変喜ばれておりました。

 

金婚式を祝って浦安の舞が奉納されました。

f:id:sakitorijinja:20190418112450j:plain

 

 

f:id:sakitorijinja:20190418113442j:plain

 

この佳き日に、高梨様は長い間撮りためていた祭典の記録写真を二冊の写真集にして、

奉納されました。

 

宮司様から感謝状と記念の品が贈呈されました。

f:id:sakitorijinja:20190418113611j:plain

 

 

f:id:sakitorijinja:20190418114351j:plain

 

金婚式、まことにおめでとうございます。

f:id:sakitorijinja:20190418114505j:plain

これまでのお二人が築かれた素晴らしいご家庭に心から敬意を表し、益々の幸せをお祈りいたします。

 

f:id:sakitorijinja:20190418114551j:plain

 

桜の花は終わりましたが

今年は気温の関係か例年以上に桜の花が長続きしましたが、

愈々葉桜になってきました。

でも、参道脇の森の中では山吹(ヤマブキ)が可憐な黄色い花をさかせています。

花言葉は「気品」「金運」だとか。

鮮やかな黄色の花を多数咲かせる山吹。谷底に落とした金貨が山吹の花になったという言い伝えもあり、「金運」の花言葉もそれにちなむといわれます。

 

f:id:sakitorijinja:20190418064414j:plain

f:id:sakitorijinja:20190418100204j:image

境内の写生

さきとり幼稚園では絵画造形の時間がありますが、

年長組4月の課題は境内の写生です。

御社殿や鳥居、御神木など、それぞれに色々な風景の写生に取り組みました。

暖かい陽気につられて出てきた アリさんには悩まされていたようです。

f:id:sakitorijinja:20190416114030j:plain

f:id:sakitorijinja:20190416114127j:plain

f:id:sakitorijinja:20190416114217j:plain

 

前鳥神社の朝

雨上がりの朝、

優しい木漏れ日に照らされた前鳥神社の様子f:id:sakitorijinja:20190415143030j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20190415143109j:plain

濡れた土や草木から、雨上がりの澄んだいい匂いがしました。

 

8時半頃になると、街の方々が集まり、鳥居の前でラジオ体操をしているのが毎朝の風景です。

f:id:sakitorijinja:20190415143553j:plain

桜にも囲まれて気持ちよさそうです。

 

奨学神社前の桜は数日前に満開になったばかりなのに、もう青々と元気な葉が茂ってきました。

f:id:sakitorijinja:20190415144107j:plain

ゆっくりと、しかし着実に季節が変わっていくのを感じます。

 

本日、5月18日の崇敬会大祭の日に素晴らしい飴細工を出店される飴善さんがご挨拶に来てくれました。

f:id:sakitorijinja:20190415152218j:plain

とても素敵で勿体無くて食べられせん。笑

5月18日の崇敬会大祭、是非お越しくださいませ。

 

本日のほっこり話。

勤めて10年になる職員に、「前鳥神社で働いていて、一番嬉しかった事は何ですか?」と聞いたところ、

「また今後(もっと良いことが)あるかもしれないけど、参拝者の方々が「合格しました。」「就職しました、ありがとうございます。」といつも報告しに来てくれるのが嬉しいね。」

と、自分の事のように喜んでおられました。

 

前鳥神社

〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮4-14-26
御朱印・お守り 受付時間・・・・8時〜17時
御祈祷 受付時間・・・・9時〜16時30分

TEL 0463(55)1195 FAX 0463(55)1370

ご質問|お問い合わせ