ぶろぐ 前鳥の森から

神奈川県平塚市四之宮に鎮座する前鳥神社(さきとりじんじゃ)のブログです。

年末年始を前鳥神社でご奉仕なさいませんか

当神社では、毎年年末年始に臨時の巫女、駐車場の整理等する男性奉仕者の募集を行っています。

今年も来る、平成31年のお正月を迎えるにあたり助勤者を募集します。

ご奉仕をご希望の方は、下記の事項をご確認して頂きお申込み願います。

尚、平塚市内若しくは、平塚市近隣に在住の方を優先させて頂きます事を申し添えます。

 

                  記

【奉仕期間】

・平成30年12月25日~平成31年1月6日

・奉仕期間のうち、12月25日~1月3日までは必ずご奉仕できる方に限ります。

・個々の奉仕日程(休日含む)は神社側で決めさせて頂きます。

【奉仕時間】

・12月25日~12月30日  8:30~17:30

・1月2日~6日        8:00~17:00 (時間延長有り)

・12月31日から1月1日にかけては深夜のご奉仕となります。

 又、1月1日のご奉仕については説明会にて説明いたします。

【奉仕資格】

・16歳(高校生)~男女(年齢は要相談)

・男女ともに明朗快活にご奉仕できる方

【奉仕料】

・日給制

【注意事項】

・神社に相応しい気品のある態度で奉仕してください。

・茶髪、アクセサリー着用、厚化粧でのご奉仕は出来ません。

・奉仕期間中のアルバイトの掛け持ちはご遠慮ください。

・SNSへの投稿など、神社の尊厳を損なう行為は固く禁じています。

【申込締切】

・平成30年11月18日 日曜日 17時締切

【面接日】

・未経験者につきましては、下記の日程で面接を行いますので必ず出席してください。

 時間は追って連絡致します。

・平成30年12月2日 日曜日

【申込方法】

・電話、ファクシミリ、メールのいずれかにて「年末年始奉仕希望」として住所、

 氏名、電話番号をお知らせください。

 後日、申込書を郵送致しますので必要事項ご記入後返送して頂くか、社務所にご持

 参ください。

【お問い合わせ先】

前鳥神社社務所 電話番号  0463(55)1195 

      ファクシミリ  0463(55)1370

                E-mail: info@sakitori.jp

前鳥神社ホームページ      URL  http://www.sakitori.jp                                          以上

境内樹木伐採作業

9月29日の御鎮座千六百五十年式年大祭奉祝、三神社合同神輿渡御に向けて、神社西側道路沿いの樹木の枝を伐採いたしました。この道を通る山車が枝に当たってしまう為です。 終日に亘る作業にて、以前とは見違えるほど、スッキリとしました。作業を行なった杉山土建さま、警備を行なった役員の皆さま、ありがとうございました。

f:id:sakitorijinja:20180906165334j:plain

f:id:sakitorijinja:20180906165349j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20180906164727j:plain

台風一過の境内

この度の台風で被災された方々には心よりお見舞い申し上げ、1日も早い復興をご祈念申し上げます。

西日本を中心に各地で大きな被害をもたらした台風21号ですが、当神社では枝や葉などの落下物以外に大きな被害はありませんでした。

f:id:sakitorijinja:20180905160624j:image

平安時代清少納言枕草子の中で「野分(のわき)のまたの日こそ、いみじうあはれにをかしけれ」[台風の翌日は、大変しみじみとした趣がある]と、折れた枝が植え込みに引っかかる様子や格子の僅かな隙間から葉が吹き込む奇妙さを書き連ねました。

また、鎌倉時代兼好法師も「野分の旦(あした)こそをかしけれ」[台風の翌朝は趣がある]と枕草子を踏まえた上で徒然草に書き残しています。

f:id:sakitorijinja:20180905160644j:image

一夜にして人間の及ばない大きな力を発揮し、翌日には何事もなかったかのように過ぎ去る自然の猛威の痕跡に、畏怖とも感嘆ともつかないしみじみとした気持ちを抱くのは、昔も今も変わらないのかもしれません。

f:id:sakitorijinja:20180905160654j:image

 

雅楽保存会 南原 諏訪神社例祭に奉仕

平塚市南原鎮座の諏訪神社例祭に雅楽保存会が奉納演奏しました。

例祭式典が厳修されたのちに、神輿が町内を隈なく巡行。

雨にも見舞われずに夕刻、無事宮入りしました。

午後6時からは神楽殿にて、囃子太鼓の演奏、ブラスバンドの演奏等がありました。

前鳥神社雅楽保存会は、まずはじめに「浦安の舞」を披露。次に雅楽「越天楽」を

奉奏しました。

南原では初めての奉奏ということで、神楽殿の前の多くの人を魅了しました。

f:id:sakitorijinja:20180902222213j:image

f:id:sakitorijinja:20180902222301j:image

f:id:sakitorijinja:20180902222317j:image

f:id:sakitorijinja:20180902224752j:image

 

 

 

 

古書籍虫干しが終わりました

23日から行われてきた古書籍虫干しは、27日の午前に無事完了しました。

2日目以降は御祭神に縁の深い論語を中心とした四書五経に風を通し、痛みやカビが広がっていないか点検しました。四書五経儒教の中心となる典籍で、関連書は所蔵文庫の3分の2を占めます。

全体に新たな痛みも少なく、概ね良好な保存状態であることが確認され、一安心しました。

神社参拝研修旅行が行われました

今年度の氏子会崇敬会共催の参拝旅行は39名の参加者を得て、飛騨一之宮水無神社を正式参拝しました。

 

8月26日

午前7時、前鳥神社の御神前にて参加者一同 旅行安全祈願の後に出発し、圏央道から中央高速とバスを進め、先ずは長野県飯田市の「水ひき工芸館」を訪問。

水引でできた神輿や五重の塔の見事さに驚きました。

箸置の手作りにもチャレンジしました。

f:id:sakitorijinja:20180827212114j:image

次に訪れたのは、同じく飯田市ある「杵原学校」(きねはらがっこう)です。

昭和24年に地域の人たちの手で建てられた校舎ですが、昭和60年に廃校となり、現在は国の登録有形文化財に指定されています。

教室では社会と音楽の授業を体験。音楽ではオルガンの伴奏に合わせて「ふじの山」と「ふるさと」を全員で合唱しました。

f:id:sakitorijinja:20180827213659j:image
f:id:sakitorijinja:20180827213841j:image
f:id:sakitorijinja:20180827213651j:image

バスは長野県から岐阜県に進み、宿泊地である下呂温泉に到着、日本三名湯の一つである温泉に旅の疲れを癒しました。

懇親会では美味しい料理にお酒を頂き、歌自慢、喉自慢、親睦を深めました。

f:id:sakitorijinja:20180827215731j:image

 

8月27日

旅行二日目は今回の旅行の最大の目的である水無神社正式参拝です。

綺麗に掃き清められた朝の水無神社は一行を優しく迎えてくれました。

飛騨一之宮であり総社でもある風格が随所に感じられるお社、宮司様からご由緒や祭典などの大変興味深いご講話を賜りました。

f:id:sakitorijinja:20180827220802j:imagef:id:sakitorijinja:20180827220822j:image

f:id:sakitorijinja:20180827220859j:image

参拝を済ませた一行は一路高山市内へバスを進めました。

夏休みの家族連れや外国人で賑わう古い町並みや、宮川朝市、陣屋等を散策しました。

f:id:sakitorijinja:20180827221609j:image

f:id:sakitorijinja:20180827221634j:image

猛暑と多少の渋滞には見舞われましたが、全員無事に和やかな内に帰着することができました。

 

 

 

 

古書籍虫干し一日目

23日に行われた古書籍虫干しの一日目は、台風の予報が出ていたため午前中のみの実施となりましたが、晴天とそよ風という虫干しには絶好の条件に恵まれました。

f:id:sakitorijinja:20180824140422j:image

神社職員とボランティアの方と6名で交代しながら「資治通鑑」「通俗三国志」などの中国の歴史書と、御祭神と関わりの深い「千字文」を一枚一枚めくって本の状態を確認。

f:id:sakitorijinja:20180824140514j:image

24日は天候不順により中止されましたが、25日は当初の予定通り9時より行われます。

 

だるま六日間祈祷を行っています

神社では御神前にて六日間特別祈願しただるまを授与していますが、現在特別祈祷を行っております。

御神前にだるまを供え、お祓いして祝詞を奏上、金幣を鳴らして特別祈願します。これを六日間連続して行います。

学業成就祈願、就職成就祈願それぞれ別々に行います。

写真は、就職成就祈願のだるま祈祷の様子です。

f:id:sakitorijinja:20180822103533j:plainf:id:sakitorijinja:20180822103808j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20180822103440j:plain

現在の奨学神社の様子です。

だるま祈祷をお受けになり、見事合格した皆様のだるまがたくさん並んでいます。

びっくりされた方もいらっしゃるかも知れませんが、これが普段の光景です。

改めて、合格された皆様本当におめでとうございます。

f:id:sakitorijinja:20180822103313j:plain

なお、六日間祈祷だるまは、学業成就、就職成就、それぞれ二千円にて授与しております。

学業成就祈願だるまの場合

 学業成就祈願だるま、学業成就御神札、だるま祈願のしおり のセット

就職成就祈願だるまの場合

 就職成就祈願だるま、就勝守(赤色、紫色のいずれか)、だるま祈願のしおり のセット

社務所または授与所でお求め下さい。

やむを得ず神社にて直接お受け出来ない方は、郵送にても受け付けておりますので、ホームページからの申し込み、メール、電話またはFAXにて神社までご連絡下さい。

前鳥神社

〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮4-14-26
御朱印・お守り 受付時間・・・・8時〜17時
御祈祷 受付時間・・・・9時〜16時30分

TEL 0463(55)1195 FAX 0463(55)1370

ご質問|お問い合わせ