ぶろぐ 前鳥の森から

神奈川県平塚市四之宮に鎮座する前鳥神社(さきとりじんじゃ)のブログです。

古書籍虫干し一日目

23日に行われた古書籍虫干しの一日目は、台風の予報が出ていたため午前中のみの実施となりましたが、晴天とそよ風という虫干しには絶好の条件に恵まれました。

f:id:sakitorijinja:20180824140422j:image

神社職員とボランティアの方と6名で交代しながら「資治通鑑」「通俗三国志」などの中国の歴史書と、御祭神と関わりの深い「千字文」を一枚一枚めくって本の状態を確認。

f:id:sakitorijinja:20180824140514j:image

24日は天候不順により中止されましたが、25日は当初の予定通り9時より行われます。

 

だるま六日間祈祷を行っています

神社では御神前にて六日間特別祈願しただるまを授与していますが、現在特別祈祷を行っております。

御神前にだるまを供え、お祓いして祝詞を奏上、金幣を鳴らして特別祈願します。これを六日間連続して行います。

学業成就祈願、就職成就祈願それぞれ別々に行います。

写真は、就職成就祈願のだるま祈祷の様子です。

f:id:sakitorijinja:20180822103533j:plainf:id:sakitorijinja:20180822103808j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20180822103440j:plain

現在の奨学神社の様子です。

だるま祈祷をお受けになり、見事合格した皆様のだるまがたくさん並んでいます。

びっくりされた方もいらっしゃるかも知れませんが、これが普段の光景です。

改めて、合格された皆様本当におめでとうございます。

f:id:sakitorijinja:20180822103313j:plain

なお、六日間祈祷だるまは、学業成就、就職成就、それぞれ二千円にて授与しております。

学業成就祈願だるまの場合

 学業成就祈願だるま、学業成就御神札、だるま祈願のしおり のセット

就職成就祈願だるまの場合

 就職成就祈願だるま、就勝守(赤色、紫色のいずれか)、だるま祈願のしおり のセット

社務所または授与所でお求め下さい。

やむを得ず神社にて直接お受け出来ない方は、郵送にても受け付けておりますので、ホームページからの申し込み、メール、電話またはFAXにて神社までご連絡下さい。

舞の稽古が始まっています

九月の例大祭に向けて、浦安の舞と悠久の舞の稽古が始まっています。

【悠久の舞の稽古風景】

f:id:sakitorijinja:20180819174611j:plain

f:id:sakitorijinja:20180819174713j:plain

f:id:sakitorijinja:20180819174750j:plain

【浦安の舞の稽古風景】

f:id:sakitorijinja:20180819174913j:plain

この日の浦安の舞の稽古では、初心者の子達ということで、歌の練習から行っていました。

f:id:sakitorijinja:20180819174940j:plain

f:id:sakitorijinja:20180819175016j:plain

八月も中盤に差し掛かり徐々に練習の成果が現れています。

若き舞姫達の舞をお楽しみに。

 

講演「家康と中原御殿~平塚における德川家康~」開催のお知らせ

前鳥神社崇敬会主催の研修講話会が今年も開催されます。

 

昨年は報徳博物館 理事長・報徳二宮神社宮司の草山昭先生をお招きして、二宮尊徳翁(二宮金次郎)の生涯と報徳思想についてご講話いただきました。

 昨年の様子

blog.sakitori.jp

本年は平塚市博物館元館長・郷土史家の土井浩先生を講師にお招きし、ご講話いただきます。

土井先生には「家康と中原御殿~平塚における德川家康~」と題して、鷹狩の獲物や家康公の食事、相模湾内の港の利用など、戦国時代から江戸初期の平塚における德川家康の生き生きとした実像についてお話しいただく予定です。

ご興味のある方はぜひご参加ください。参加費は無料です。

 

日 時:平成30年9月15日(土) 15時から16時30分まで

場 所:前鳥神社研修殿

参加費:無料

その他:参加人数把握のため、電話にてお申し込みください

連絡先:前鳥神社 0463-55-1195

 

f:id:sakitorijinja:20180819132213j:plain



書籍の虫干しを行います

毎年夏に実施している古書籍虫干しを、今年は8月23~25日の3日間行います。

当神社が所蔵する論語を中心とした四書五経と、千字文などの漢籍に風を通し、カビの繁殖や虫食いを防ぎます。

例年の様子

blog.sakitori.jp

境内社奨学神社前の桜の木の下で行っているこの虫干し。今回はご参拝の方にも作業に参加していただく「虫干し体験」を行います。

途中参加・途中退席は自由です。簡単な説明を受けてから作業を行います。

江戸時代・明治時代に発行された版本を中心に構成され、氏子崇敬者から奉納された大変貴重な資料群です。

年に一度しかない、古資料に触れられる機会ですので、ぜひ「虫干し体験」にご参加ください。

 

日程:8月23日(木)、24日(金)、25日(土)

時間:午前10時から午後3時(正午から1時間お昼休憩)

備考:申し込みは不要です。雨天の場合は室内で行います。ご参加の方にはマスクを差し上げます。大切な書籍ですので、大切に扱える方に限ります。

 

御鎮座一六五〇年式年大祭奉祝記念行事神輿合同渡御に向け、打ち合わせが行われる

過日、御鎮座一六五〇年式年大祭奉祝記念行事神輿合同渡御を行うにあたり事前打合会が開催されました。

前鳥神社、真土神社、中原日枝神社の関係者約40名が集まり、詳細について確認と依頼事項が共有されました。

三社の神輿が揃って町内を渡御するのは実に20年ぶりとなります。9月29日の当日は是非ご覧にいらして下さい。詳細は後日 お知らせします。

f:id:sakitorijinja:20180803121112j:plain

f:id:sakitorijinja:20180803121115j:plain

土用干しと神社関係者懇親会

7月22日、祭典行事に使用する幟や幕、雅楽保存会と太鼓保存会が使用する装束類の虫干しが行われました。
猛暑の中、神社役員さんが手際よく作業し幟等を干す場所を整え、1時間ほど干した後、元の場所に収納することができました。 その後、境内にて恒例の神社関係者懇親会が開かれ、冷たいビールを飲みながら、相模川の捕れたての鮎の天ぷらと、更に婦人部による手作りの肴に舌鼓を打ちました。

f:id:sakitorijinja:20180722173437j:plain

境内の樹木にロープを張って干す場所を作る

f:id:sakitorijinja:20180722173514j:plain

f:id:sakitorijinja:20180722173542j:plain

紅白幕をはじめ祭典行事に使用する幕等を干す

f:id:sakitorijinja:20180722173617j:plain

相模川で捕れた鮎

f:id:sakitorijinja:20180722173642j:plain

世話人による鮎の天ぷら

f:id:sakitorijinja:20180722173725j:plain

婦人部による手作りの酒の肴

f:id:sakitorijinja:20180722173806j:plain

f:id:sakitorijinja:20180722173843j:plain

参加者一同猛暑とは思えないような楽しい懇親会でした

 

 

さきとり幼稚園年長組 早朝の参拝

夏休みにはいった幼稚園ですが、年長組の園児たちは1学期最大の行事として

「お泊まり保育」がおこなわれ、二日目の早朝、前鳥神社に参拝しました。

自らがデザイン色つけしたオリジナルTシャツを着て、朝の爽やかな空気を胸一杯に吸いました。

参拝後は神職さんより「早起きは三文の得」とのお話をいただきました。

(さきとり幼稚園からの発信)

f:id:sakitorijinja:20180720081547j:image

 

f:id:sakitorijinja:20180720081639j:image

f:id:sakitorijinja:20180720081716j:image

f:id:sakitorijinja:20180720081746j:image

 

七夕短冊の焼納がおこなわれました

七夕は5月5日の「端午の節句」、9月9日の「重陽節句」と同じ節句の一つで、「七夕(しちせき)の節句」と呼ばれます。

その起源は古代の中国にあり、かつては盆行事の一つとして行われていましたが、新暦以降は織姫・彦星の伝説とともに夏の始めのイベントとして定着しています。

大きな飾りで有名な七夕まつりは全国にありますが、ここ平塚の「湘南ひらつか七夕まつり」は仙台に次ぐ全国2番、毎年150万人を超える人出があり、日本三大七夕まつりの一つと称されます。

7日、日産車体様が出展されたイベント用特設ブースにて、短冊の清祓式を行いました。

f:id:sakitorijinja:20180718160535j:plain

日産車のNV200に願い事を書いて貼り付けられたオリジナルの短冊をお祓いします。

f:id:sakitorijinja:20180718160727j:plain

清祓式後、願いのこめられた短冊は神社で引き取り、さきとり幼稚園の七夕かざりと共に焼納(お焚き上げ)をいたしました。

f:id:sakitorijinja:20180718161253j:image

 

 

八坂神社例祭、こどもまつりが行われました

7月8日 夏空の下  八坂神社例祭並びにこどもまつりが行われました。

八坂神社の御祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)です。祇園祭で有名な祭りですが、御祭神の御守護によって暑い夏を元気に過ごせるように祈りを込めて、終日  氏子町内を神輿が渡御しました。

午前8時、八坂神社が祀られている神戸神社前にて例祭並びに発輿祭(はつよさい)が斎行されました。

f:id:sakitorijinja:20180710130417j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710130821j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710133505j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710133656j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710133722j:plain

祭典後神輿が発輿し、その後氏子中を巡りました。

f:id:sakitorijinja:20180710134022j:plainf:id:sakitorijinja:20180710134116j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710134548j:plain

午後4時から行われた「こどもまつり」の様子です。

厳しい暑さにもかかわらず、大勢の方にお越しいただき、盛大に行う事ができました。

参道のフリーマーケット(午後2時から開店)

f:id:sakitorijinja:20180710135349j:plain

夜店

f:id:sakitorijinja:20180710150741j:plain

前鳥囃子

f:id:sakitorijinja:20180710140338j:plain

子供神輿のお祓い

f:id:sakitorijinja:20180710141828j:plainf:id:sakitorijinja:20180710141716j:plain

子供神輿パレード

f:id:sakitorijinja:20180710142934j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710143154j:plain

文房具感謝祭

f:id:sakitorijinja:20180710142512j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710145753j:plain

あべみずほさんの「たのしいミニコンサート」

f:id:sakitorijinja:20180710143523j:plainf:id:sakitorijinja:20180710143414j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710143931j:plain

リズムダンス

f:id:sakitorijinja:20180710144127j:plain

八坂神社神輿宮入り

f:id:sakitorijinja:20180710144829j:plainf:id:sakitorijinja:20180710144410j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710144920j:plain

また、本年「八坂神社例祭・こどもまつり」と同時開催された「第7回さきとりの森書道展・幼児絵画展」ですが、書道作品約250点、幼児絵画と造形の作品は大野地区の幼稚園と保育園7園の約350人のおともだちが参加しました。御鎮座1650年のお祝いの年にふさわしく賑やかに行われました。

f:id:sakitorijinja:20180710140155j:plain

 

 

 

前鳥神社

〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮4-14-26
御朱印・お守り 受付時間・・・・8時〜17時
御祈祷 受付時間・・・・9時〜16時30分

TEL 0463(55)1195 FAX 0463(55)1370

ご質問|お問い合わせ