ぶろぐ 前鳥の森から

神奈川県平塚市四之宮に鎮座する前鳥神社(さきとりじんじゃ)のブログです。

青年部主催の神輿担ぎ練習が行われる

1日午後より境内にて神輿担ぎの練習会を行いました。 7月8日の八坂神社例祭に向けての練習です。

 

杉山青年副部長所有の神輿を担いで練習しました。 休憩を挟みながら何度も担ぎ、リズムや足の運びなどを確かめていました。

 

お神輿好きな青年部OBや宮世話人、氏子さんもたくさん集まり、お祭りとはまた違う和気あいあいとした雰囲気で練習は終わりました。皆様おつかれさまでした。

f:id:sakitorijinja:20180702134742j:plain

f:id:sakitorijinja:20180702134737j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20180702134745j:plain

f:id:sakitorijinja:20180702134748j:plain

f:id:sakitorijinja:20180702134751j:plain

f:id:sakitorijinja:20180702134754j:plain

さきとり幼稚園の大祓式が行われました

例年よりも早い梅雨明けが発表された快晴の29日、前鳥神社の水無月大祓式に先駆けて、さきとり幼稚園の大祓式が行われました。

f:id:sakitorijinja:20180629184406j:plain

[神職からのお話を聞く園児たち]

式は9時50分と10時40分の2回に分けて行われました。

f:id:sakitorijinja:20180629184507j:plain

[祓物を執り裂く]

f:id:sakitorijinja:20180629184730j:plain

f:id:sakitorijinja:20180629184748j:plain

園児たちはお行儀よく参列し、自分で行う切麻(きりぬさ)でのお祓いや人形(ひとがた)に罪穢を託す神事を一生懸命に真似して行っていました。

f:id:sakitorijinja:20180629184847j:plain

f:id:sakitorijinja:20180629184934j:plain

続けて「茅の輪くぐり」が行われ、園児たちは仲良く手をつないで茅でできた大きな輪をくぐり、この夏も元気に過ごす力を神さまに分けてもらいました。

 

前鳥神社の大祓式は30日午前11時から行われます。

どなたでもご参加いただける神事です。お祓いの作法などは式典中に神職からご説明いたしますので、ご安心してご参列いただけます。

半年に一度、心身をリフレッシュする大祓神事にぜひご参列ください。

 

青年部 八坂神社例祭の献灯作業奉仕

来る7月8日(日)に境内社八坂神社の例祭が執り行われます。 その準備作業として、本日は氏子青年部の皆様のご奉仕により献灯作業が行われました。 早朝から雨が降っておりましたが、作業の時間は奇跡的に上がり無事に完了いたしました。

献灯にご協賛いただきました皆様、また青年部の皆様、ありがとうございました。 尚、このお祭りの詳細は後日ブログにてご案内申し上げます。

f:id:sakitorijinja:20180624131256j:plain

f:id:sakitorijinja:20180624131300j:plain

f:id:sakitorijinja:20180624131251j:plain

久社会の懇親会が行われました

前鳥神社の本務神社、兼務神社の責任役員 顧問の皆様が集まり、毎年恒例となっている久社会の親睦会が行われました。 前鳥神社には真土神社、日枝神社、岡崎神社、八幡神社諏訪神社、纏神社、八坂神社、松延神社の八社の兼務神社があります。 こうした神社氏子役員同士の親睦と神社についての見識を深める為、五年前より久社会と称し年に一度、研修親睦の機会を設けています。

本年はレストラン大原にて懇親会を行いました。日々の神社護持や運営に関する積極的な情報交換が行われました。

最後は 前鳥神社飯野副総代により、四之宮流の一本締めで閉会いたしました。

 

f:id:sakitorijinja:20180620105528j:plain

f:id:sakitorijinja:20180620105535j:plain

f:id:sakitorijinja:20180620105537j:plain

f:id:sakitorijinja:20180620105603j:plain

常陸国式内社 大井神社御一行様が正式参拝

常陸国式内社 水戸市鎮座 大井神社氏子会の研修旅行が行われ、松本知隆宮司様はじめ35名の皆様が当神社を正式参拝されました。

 

f:id:sakitorijinja:20180618105055j:plain

参拝後は研修殿にて、宮司より年間の祭典や氏子会の組織等に関する講話がなされました。

f:id:sakitorijinja:20180617175821j:plain

 短い時間ではありましたが、終始和やかな雰囲気でご参拝いただきました。

f:id:sakitorijinja:20180618105229j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20180617180432j:plain

 またのご参拝を心よりお待ちしております。

 

 

梅の季節

梅雨入りし、じめじめとした気候が続いていますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか。 

f:id:sakitorijinja:20180616154047j:plain

クチナシの花]

「梅雨入り」は気象学上の表現ですが、「入梅(にゅうばい)」は二十四節気に含まれない暦の上での節目「雑節」で、お天気とは関係なく毎年6月10日・11日頃が当てられます。

f:id:sakitorijinja:20180616154620j:image

どちらにも梅の字が使われるのは、この時期に梅の実が大きくなり収穫を迎えるためです。また、丸く瑞々しい青梅が実る様子は古くから鑑賞され、梅には花と実、二度の見頃があるとも言われます。

f:id:sakitorijinja:20180616154433j:image

前鳥神社境内社の奨学神社は、飛梅伝説で知られる菅原道真公と、難波津の歌 で知られる王仁命(わにのみこと)をお祀りしているため、梅とのゆかりが深く、社前に梅の木が植えられています。

この木になった梅の実の収穫が今年も行われました。

f:id:sakitorijinja:20180616154454j:image

前日の強風により落下したものもありましたが、収穫された実は例年よりも多く、早速洗って砂糖漬けにされました。

f:id:sakitorijinja:20180616154557j:image

 

さきとり幼稚園園児から玉ねぎの奉納がありました

さきとり幼稚園では食育の一環として、野菜の栽培をしています。

先日、ちびっこ農園にて園児達自らが収穫した玉ねぎが御神前に奉納されました。元気いっぱいに昇殿した子どもたちも拝殿ではきちんと正座をして、神職からお祓いをうけ、玉串奉奠を行い神さまに感謝の祈りを捧げました。

神職より、収穫したものをご家族と一緒にお料理をして食べることが大切であるというお話があり、

子どもたちからは「味噌汁を作る!」、「私はカレーに入れる!」といった意見が出ていました。

さて、夕飯のメニューには採用されたのでしょうか?

f:id:sakitorijinja:20180615192646j:plain

f:id:sakitorijinja:20180615192642j:plain

f:id:sakitorijinja:20180615192639j:plain

f:id:sakitorijinja:20180615192635j:plain

f:id:sakitorijinja:20180615192630j:plain

 

御嶽神社例祭が行われました

6月13日、御嶽神社例祭が行われました。

四之宮で「御嶽講」と呼ばれる行事で、現在は形を変えて神社主体となっています。 今年も代参者三名が東京都青梅市に鎮座する武蔵御嶽神社に詣でて御神札を戴き、四之宮へ帰着した後、境内の御嶽神社にて行う祭典です。

代参者、宮司、責任役員の参列のもと厳修されました。

祭典の後は社務所直会が行われ、参拝の様子の話などよもやま話に花が咲きました。

f:id:sakitorijinja:20180615233748j:plain

f:id:sakitorijinja:20180615234043j:plain

f:id:sakitorijinja:20180615234118j:plain

f:id:sakitorijinja:20180615234207j:plain

 

 

 

前鳥神社

〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮4-14-26
御朱印・お守り 受付時間・・・・8時〜17時
御祈祷 受付時間・・・・9時〜16時30分

TEL 0463(55)1195 FAX 0463(55)1370

ご質問|お問い合わせ