ぶろぐ 前鳥の森から

神奈川県平塚市四之宮に鎮座する前鳥神社(さきとりじんじゃ)のブログです。

枯れ枝の伐採 除去作業が行われました

平塚八景に指定されております前鳥の森は、今 美しい

緑に覆われています。

その中でも一部には枯れ枝もあり、境内を訪れる参拝者に落下の危険がないようにと、

今回の作業となりました。

途中 突然の雷雨に見舞われましたが、夕方 無事に作業は終了しました。

f:id:sakitorijinja:20180510133145j:plain

f:id:sakitorijinja:20180510133230j:plain

相模国府祭 斎行される

5月5日、新緑薫る晴天の下、悠久の歴史を誇る相模国府祭が斎行されました。

f:id:sakitorijinja:20180508153620j:plain

[発輿祭 献饌]

f:id:sakitorijinja:20180508153956j:plain

[玉串拝礼]

f:id:sakitorijinja:20180508154228j:plain

[宮発ち]

f:id:sakitorijinja:20180508154614j:plain

[緑の眩しい参道を進む]

f:id:sakitorijinja:20180508154920j:plain

[一の鳥居からの宮出]

f:id:sakitorijinja:20180508155150j:plain

f:id:sakitorijinja:20180508155421j:plain

f:id:sakitorijinja:20180508155523j:plain

[大磯町畑中 麦振舞神事(氏子青年部 田邊様ご奉納写真)]

f:id:sakitorijinja:20180508160333j:plain

[神揃山入山(田邊様撮影)]

f:id:sakitorijinja:20180508160622j:plain

[五社が集う神揃山の着御祭]

f:id:sakitorijinja:20180508161139j:plain

[下山後、大神輿と共に渡御(田邊様撮影)]

f:id:sakitorijinja:20180508160855j:plain

[王家場に並んだ六基の大神輿]

f:id:sakitorijinja:20180508171423j:plain

[王家場での合同渡御]

f:id:sakitorijinja:20180508171702j:plain

天皇陛下御即位三十年を祝う六社大神輿渡御を一目見ようと、主催者発表では例年の2.5倍の見物人が訪れたそうです。

f:id:sakitorijinja:20180508175442j:plain

[四之宮到着後の神輿渡御]

f:id:sakitorijinja:20180508175536j:plain

[迎え火の準備をして神輿のお戻りを待つ西参道の氏子]

f:id:sakitorijinja:20180508175658j:plain

[迎え火]

f:id:sakitorijinja:20180508175847j:plain

[御霊神輿と迎え火]

f:id:sakitorijinja:20180508180021j:plain

[大神輿の宮着き]

今年も国府祭は恙無く幕を下ろし、前鳥の大神さまは千年の時を超えて続く相模国を守護する第四の宮としてのお役目を果たされました。

例年にない大きなお祭りになり、関係者の疲れも大きかったようですが、翌日の反省会ではそれ以上の達成感に満ちた笑顔を見ることが出来ました。

また、四之宮が誇る前鳥神社大神輿の素晴らしさと、それを担ぐ四之宮氏子の結束力を遍く相模国に知らしめる大祭となりました。

お骨折りいただいた氏子、ご協力団体の皆様に心より御礼申し上げます。

f:id:sakitorijinja:20180508180118j:plain

f:id:sakitorijinja:20180508180128j:plain

f:id:sakitorijinja:20180508180135j:plain

f:id:sakitorijinja:20180508180142j:plain

f:id:sakitorijinja:20180508180219j:plain

相模国府祭のご案内

いよいよ明日に迫った相模国府祭

本年は天皇陛下御即位三十年を奉祝し、相模六社から大神輿が集まる例年にも増して盛大なお祭りになります。

当日は混雑が予想されますので、下記の進行予定をご参考の上、事故のないようにお参りください。

 

◆5月5日 前鳥神社進行予定

7時 発輿祭〈前鳥神社〉

7時30分 御霊神輿宮立ち〈前鳥神社→北向観音堂〉

8時 北向観音堂からトラックで出発 

(途中、平塚市見附台公園・大磯町化粧坂下で休憩を行います)

10時10分 在庁奉迎〈大磯町切通し(城山公園駐車場脇)〉

10時30分 麦振舞神事〈大磯町畑中( Google マップ )〉

11時 畑中出発〈畑中→神揃山〉

11時30分 神揃山祭〈神揃山斎場(山頂)〉

12時 古式座問答〈神揃山斎場〉

12時10分 七度半奉迎使出発〈神揃山→六所神社

12時40分 七度半迎神の儀六所神社神輿出発〈六所神社

13時20分 五社神揃山発輿祭・神揃山下山

13時30分 五社御霊神輿、各社大神輿と合流・渡御〈 Google マップ 〉

15時 国司〈王家場(馬場公園)〉

(七十五膳献上の儀・神対面の儀・国司奉幣・神裁許の儀)

15時30分 五社御霊神輿出発〈王家場〉

16時10分 六社大神輿合同渡御〈王家場〉

(今年の目玉である大神輿合同渡御。馬場公園内で六社の大神輿が担がれます。)

18時15分 下郷神酒所出発〈平塚市四之宮下郷〉

(ここから全て担ぎ渡御)

19時15分 北向観音堂到着・休憩

19時30分 北向観音堂出発

19時45分 迎え火〈前鳥神社西側参道〉

20時00分 神輿宮入〈前鳥神社〉

 

迎え火の時刻が早まりました。ご注意ください。

当日現地での駐車場・交通状況などは大磯町観光協会までお問い合わせください。

大磯町観光協会 http://www.oiso-kankou.or.jp/entry.html?id=20442

f:id:sakitorijinja:20180504093558j:plain

f:id:sakitorijinja:20180504093842j:plain

 

昭和祭と境内奉仕作業が行われました

本日8時半より、氏子役員の皆様方にご参列をいただき昭和祭が執り行われました。 昭和63年までは昭和天皇誕生日として、ご崩御後は「みどりの日」とされていましたが、平成19年より昭和の日となり本日に至ります。その昭和の日は法律によると、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」祝日だと定められております。平成も残すこと366日となりました。これを機会に今年は現代史を学んでみるのはいかがでしょうか。

祭典後は恒例により、神社役員並びに左喜登利会の皆様により境内の樹木の手入れと消毒作業が行われました。 5月5日の相模國府祭を目前に境内は清々しく整いました。

f:id:sakitorijinja:20180429162221j:plain

f:id:sakitorijinja:20180429162225j:plain

f:id:sakitorijinja:20180429162229j:plain

f:id:sakitorijinja:20180429162245j:plain

f:id:sakitorijinja:20180429162241j:plain

幼稚園児の参拝

さきとり幼稚園では、礼儀の時間「おさほう」があります。

正座やお辞儀の仕方、茶碗や箸の持ち方、更には玄関の上がり下がりの仕方など様々なお作法を学んでいます。

4月は年度の始めということもあって、年中組・年長組の園児が今までに習ったお作法を生かして、神社参拝をしました。

神さまの前にきちんと正座をし、お祓いを受ける姿勢もしっかりとできました。

平成30年度も安全で楽しい幼稚園になりますよう、お祈りしました。

f:id:sakitorijinja:20180428142030j:plain

f:id:sakitorijinja:20180428142238j:plain

f:id:sakitorijinja:20180428143509j:plain

f:id:sakitorijinja:20180428142709j:plain

 

明寿会の清掃奉仕

本日は四之宮地区の老人会であります、明寿会の皆様による参道の清掃奉仕がありました。このご奉仕は毎年国府祭、御例祭前、そして年末に行われています。

手馴れた仕事ぶりで作業は1時間ほどですっかり綺麗に終了し、気持ちの良い参道となりました。

「元気に氏神さまにご奉仕ができて有り難いです。」とは、ある方の感想でした。

有り難うございました。

f:id:sakitorijinja:20180427135506j:plain

f:id:sakitorijinja:20180427135545j:plain

 

東町稲荷社本殿遷座祭斎行

東町稲荷講ではこの度稲荷社を前鳥神社参道に移設する事になりました。

この移設に伴い、御霊を仮殿に遷座する仮殿遷座祭の奉仕、稲荷社の移設、修理、周辺整備工事等を行ってきましたが、工事が完了したため、このたび本殿遷座祭を行いました。

稲荷講の皆様の大勢の方の参列のもと無事に祭典を終了しました。

新しい東町稲荷社はニの鳥居の手前左側、小駐車場との間の桜並木の中に参道側を向いて鎮座しています。

今後も変わらず東町稲荷講の皆様をはじめご参拝の方に至るまでお守り頂ける事でしょう。

f:id:sakitorijinja:20180422183631j:plain

仮殿が鎮座する神楽殿にて修祓

f:id:sakitorijinja:20180422183939j:plain

遷座の儀を奉仕

f:id:sakitorijinja:20180422184159j:plain

f:id:sakitorijinja:20180422184409j:plain

玉串奉奠

左喜登利会 平成二十九年度定期総会が開催されました

4月21日(土)に、前鳥神社研修殿にて、前鳥神社氏子役員会OB組織である左喜登利会の定期総会が開催されました。 議案審議では年間の事業報告、決算、事業計画、予算案等が審議され全会一致で承認されました。来たる平成31年度、左喜登利会創立三十周年の佳節を迎えるにあたり、記念事業を行う件が承認されました。事業詳細の決定について理事会での決裁が一任され、今後の会議にて決定することになりました。

f:id:sakitorijinja:20180422182752j:plain

また会の最後には平成30年度の前鳥神社御鎮座1650年式年大祭を記念し式年大祭実行委員会へ紅白幕の贈呈式が行われました。

 

その後は会場を移して懇親会が行われ、和やかなひとときを過ごしました。

f:id:sakitorijinja:20180422182837j:plain

f:id:sakitorijinja:20180422183010j:plain

前鳥神社で見られる「鳥」

境内を大きな木々に囲まれた前鳥神社は、私たち人間にとって癒やしの場ですが、小鳥たちにとっても楽園、休息の場です。

f:id:sakitorijinja:20180418171332j:plain

[春の初めの百舌鳥(モズ)]

平塚市内で一般的に見られる鳥類はもちろん、相模川に近い立地によるのか、サギ・アオサギが高い杉の木を「ねぐら」として使い、河川敷からキジが迷い込んでくることもあります。

f:id:sakitorijinja:20180418172210j:plain

ヒヨドリ

f:id:sakitorijinja:20180418172315j:plain

[杉の木にオナガ

f:id:sakitorijinja:20180418172416j:plain

[餌を探すシメ]

f:id:sakitorijinja:20180418173013j:plain

[珍客]

f:id:sakitorijinja:20180418172912j:plain

[青灰色のキリっとした小鳥]

f:id:sakitorijinja:20180418173118j:plain

調べたところ、イソヒヨドリという鳥だそうです。

f:id:sakitorijinja:20180418173223j:plain

メスのイソヒヨドリもいました。オスに比べて地味ですが、模様が綺麗です。

f:id:sakitorijinja:20180418173346j:plain

オスの腹羽は光の加減で樺色に見えます。

イソヒヨドリはここ数日で見られるようになりました。本来はその名の通り海の近くに住んでいる鳥なのですが、近年は内陸部にも住処を広げているそうです。メスが糸くずを持っていたので、境内の森のどこかで巣作りをしているのかもしれません。

 

思はぬを思ふと言はば真鳥住む 雲梯の杜の神し知らさむ

 

前鳥神社

〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮4-14-26
御朱印・お守り 受付時間・・・・8時〜17時
御祈祷 受付時間・・・・9時〜16時30分

TEL 0463(55)1195 FAX 0463(55)1370

ご質問|お問い合わせ