ぶろぐ 前鳥の森から

神奈川県平塚市四之宮に鎮座する前鳥神社(さきとりじんじゃ)のブログです。

書籍の虫干しを行います

毎年夏に実施している古書籍虫干しを、今年は8月23~25日の3日間行います。

当神社が所蔵する論語を中心とした四書五経と、千字文などの漢籍に風を通し、カビの繁殖や虫食いを防ぎます。

例年の様子

blog.sakitori.jp

境内社奨学神社前の桜の木の下で行っているこの虫干し。今回はご参拝の方にも作業に参加していただく「虫干し体験」を行います。

途中参加・途中退席は自由です。簡単な説明を受けてから作業を行います。

江戸時代・明治時代に発行された版本を中心に構成され、氏子崇敬者から奉納された大変貴重な資料群です。

年に一度しかない、古資料に触れられる機会ですので、ぜひ「虫干し体験」にご参加ください。

 

日程:8月23日(木)、24日(金)、25日(土)

時間:午前10時から午後3時(正午から1時間お昼休憩)

備考:申し込みは不要です。雨天の場合は室内で行います。ご参加の方にはマスクを差し上げます。大切な書籍ですので、大切に扱える方に限ります。

 

御鎮座一六五〇年式年大祭奉祝記念行事神輿合同渡御に向け、打ち合わせが行われる

過日、御鎮座一六五〇年式年大祭奉祝記念行事神輿合同渡御を行うにあたり事前打合会が開催されました。

前鳥神社、真土神社、中原日枝神社の関係者約40名が集まり、詳細について確認と依頼事項が共有されました。

三社の神輿が揃って町内を渡御するのは実に20年ぶりとなります。9月29日の当日は是非ご覧にいらして下さい。詳細は後日 お知らせします。

f:id:sakitorijinja:20180803121112j:plain

f:id:sakitorijinja:20180803121115j:plain

土用干しと神社関係者懇親会

7月22日、祭典行事に使用する幟や幕、雅楽保存会と太鼓保存会が使用する装束類の虫干しが行われました。
猛暑の中、神社役員さんが手際よく作業し幟等を干す場所を整え、1時間ほど干した後、元の場所に収納することができました。 その後、境内にて恒例の神社関係者懇親会が開かれ、冷たいビールを飲みながら、相模川の捕れたての鮎の天ぷらと、更に婦人部による手作りの肴に舌鼓を打ちました。

f:id:sakitorijinja:20180722173437j:plain

境内の樹木にロープを張って干す場所を作る

f:id:sakitorijinja:20180722173514j:plain

f:id:sakitorijinja:20180722173542j:plain

紅白幕をはじめ祭典行事に使用する幕等を干す

f:id:sakitorijinja:20180722173617j:plain

相模川で捕れた鮎

f:id:sakitorijinja:20180722173642j:plain

世話人による鮎の天ぷら

f:id:sakitorijinja:20180722173725j:plain

婦人部による手作りの酒の肴

f:id:sakitorijinja:20180722173806j:plain

f:id:sakitorijinja:20180722173843j:plain

参加者一同猛暑とは思えないような楽しい懇親会でした

 

 

さきとり幼稚園年長組 早朝の参拝

夏休みにはいった幼稚園ですが、年長組の園児たちは1学期最大の行事として

「お泊まり保育」がおこなわれ、二日目の早朝、前鳥神社に参拝しました。

自らがデザイン色つけしたオリジナルTシャツを着て、朝の爽やかな空気を胸一杯に吸いました。

参拝後は神職さんより「早起きは三文の得」とのお話をいただきました。

(さきとり幼稚園からの発信)

f:id:sakitorijinja:20180720081547j:image

 

f:id:sakitorijinja:20180720081639j:image

f:id:sakitorijinja:20180720081716j:image

f:id:sakitorijinja:20180720081746j:image

 

七夕短冊の焼納がおこなわれました

七夕は5月5日の「端午の節句」、9月9日の「重陽節句」と同じ節句の一つで、「七夕(しちせき)の節句」と呼ばれます。

その起源は古代の中国にあり、かつては盆行事の一つとして行われていましたが、新暦以降は織姫・彦星の伝説とともに夏の始めのイベントとして定着しています。

大きな飾りで有名な七夕まつりは全国にありますが、ここ平塚の「湘南ひらつか七夕まつり」は仙台に次ぐ全国2番、毎年150万人を超える人出があり、日本三大七夕まつりの一つと称されます。

7日、日産車体様が出展されたイベント用特設ブースにて、短冊の清祓式を行いました。

f:id:sakitorijinja:20180718160535j:plain

日産車のNV200に願い事を書いて貼り付けられたオリジナルの短冊をお祓いします。

f:id:sakitorijinja:20180718160727j:plain

清祓式後、願いのこめられた短冊は神社で引き取り、さきとり幼稚園の七夕かざりと共に焼納(お焚き上げ)をいたしました。

f:id:sakitorijinja:20180718161253j:image

 

 

八坂神社例祭、こどもまつりが行われました

7月8日 夏空の下  八坂神社例祭並びにこどもまつりが行われました。

八坂神社の御祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)です。祇園祭で有名な祭りですが、御祭神の御守護によって暑い夏を元気に過ごせるように祈りを込めて、終日  氏子町内を神輿が渡御しました。

午前8時、八坂神社が祀られている神戸神社前にて例祭並びに発輿祭(はつよさい)が斎行されました。

f:id:sakitorijinja:20180710130417j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710130821j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710133505j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710133656j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710133722j:plain

祭典後神輿が発輿し、その後氏子中を巡りました。

f:id:sakitorijinja:20180710134022j:plainf:id:sakitorijinja:20180710134116j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710134548j:plain

午後4時から行われた「こどもまつり」の様子です。

厳しい暑さにもかかわらず、大勢の方にお越しいただき、盛大に行う事ができました。

参道のフリーマーケット(午後2時から開店)

f:id:sakitorijinja:20180710135349j:plain

夜店

f:id:sakitorijinja:20180710150741j:plain

前鳥囃子

f:id:sakitorijinja:20180710140338j:plain

子供神輿のお祓い

f:id:sakitorijinja:20180710141828j:plainf:id:sakitorijinja:20180710141716j:plain

子供神輿パレード

f:id:sakitorijinja:20180710142934j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710143154j:plain

文房具感謝祭

f:id:sakitorijinja:20180710142512j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710145753j:plain

あべみずほさんの「たのしいミニコンサート」

f:id:sakitorijinja:20180710143523j:plainf:id:sakitorijinja:20180710143414j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710143931j:plain

リズムダンス

f:id:sakitorijinja:20180710144127j:plain

八坂神社神輿宮入り

f:id:sakitorijinja:20180710144829j:plainf:id:sakitorijinja:20180710144410j:plain

f:id:sakitorijinja:20180710144920j:plain

また、本年「八坂神社例祭・こどもまつり」と同時開催された「第7回さきとりの森書道展・幼児絵画展」ですが、書道作品約250点、幼児絵画と造形の作品は大野地区の幼稚園と保育園7園の約350人のおともだちが参加しました。御鎮座1650年のお祝いの年にふさわしく賑やかに行われました。

f:id:sakitorijinja:20180710140155j:plain

 

 

 

本日こどもまつりがおこなわれます。

本日、前鳥神社境内社 八坂神社の例祭にあわせ、子どもたちの健全育成を願う「こどもまつり」がおこなわれます。

 

お子様も大人も楽める催し物をたくさんご用意しています。

是非、ご家族ご友人と遊びにいらしてください。

 

f:id:sakitorijinja:20180708115555j:plain

 

 

こどもまつり

日時:7月8日(日) 午後4時から8時まで

場所:前鳥神社

 

☆行事予定☆

4時    前鳥囃子

5時20分 子どもみこしパレード(お子様はどなたでもおみこし体験ができます)

6時    たのしいミニコンサート(ボーカリスト あべみずほ)

6時35分 リズムダンス(さきとり幼稚園の先生)

7時    八坂神社みこし宮入(おみこしが前鳥神社に帰ってきます)

7時15分 さきとり音頭

7時30分 前鳥囃子と里神楽

※時間は前後することがあります。

 

◯文房具感謝祭(使わなくなった文房具を神様に感謝して納めます)

フリーマーケット(午後2時から)

◯夜店(かき氷・やきそば・ヨーヨー・あてくじ・スーパーボールすくい他)

◯お絵かきうちわ作り(被災地支援活動)

◯さきとりの森書道展・幼児絵画展

 

 

 

 

f:id:sakitorijinja:20180708115601j:plain昨年の子どもみこしパレードの様子

 

 

f:id:sakitorijinja:20180708115831j:plain

 

 

 

 

 

f:id:sakitorijinja:20180708115605j:plain

 

 

第7回さきとりの森書道展・幼児絵画展がはじまりました。

本日7月6日より、第7回さきとりの森書道展・幼児絵画展がはじまりました。

 

今回は、前鳥神社御鎮座1650年の奉祝行事の一環として、通常の書道作品に加え、絵画作品も募集したところ、書道作品が約250点、絵画作品は7つの幼稚園・保育園の子どもたちの力作が集まり、お祝いにふさわしい大変賑やかな作品展となりました。

同会場では、松ぼっくりや押し花を使った手作り作品コーナーや、お茶会もございます。最終日には、当神社  こどもまつり  も行われますので、今週末は是非ご家族ご友人と前鳥神社へお越しください。

 

第7回さきとりの森書道展・幼児絵画展

 

日時:7月6日(金)~7月8日(日)10時から16時まで 

   ※最終日は20時まで

場所:前鳥神社研修殿

手作り品コーナー:三日間やっています。

お茶会:7月8日(日)13時から17時まで

 

 

f:id:sakitorijinja:20180706161012j:plain

開会式の様子 ご関係の皆様多数ご参列のもと、作品を丁寧にお祓いしました。

 

f:id:sakitorijinja:20180706161241j:plain

昨年のお茶会の様子

 

水無月大祓式ならびに夏越祭を斎行

6月30日、澄み渡る空の下で大祓式が行われました。

 

大祓式は半年の罪や穢(けがれ)を祓い、次の半年を清らかで健康に過ごすための神事です。

 

当日は土曜日ということもあり、氏子役員や地域の人々、そして参拝に訪れた人々など大勢の参列がありました。

 

f:id:sakitorijinja:20180703185318j:plain

祓物(はらえつもの)を八針に執り裂く

 

f:id:sakitorijinja:20180703185451j:plain

切麻(きりぬさ)・人形(ひとがた)でのお祓い

 

続いて茅の輪(ちのわ)くぐり神事が行われます。

茅の輪くぐりは蘇民将来の故事にちなみ、茅(かや)でできた輪を腰につけると疫病を除けられるという民間信仰から発生しました。

f:id:sakitorijinja:20180703185951j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20180703190145j:plain

f:id:sakitorijinja:20180703185105j:plain

茅の輪を三度くぐって健康を祈願

 

その後、社殿にて夏越祭が引き続き行われ、氏子崇敬者・参列者の健康と繁栄が大前に祈願されました。

 

f:id:sakitorijinja:20180703184859j:plain

f:id:sakitorijinja:20180703190410j:plain

f:id:sakitorijinja:20180703184532j:plain

祭典後は宮司から「祓えは罪穢れを除き、大難を小難に、小難を無難にする神事です」と大祓の意義と夏越祭の説明がありました。

 

 

 

 

 

前鳥神社

〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮4-14-26
御朱印・お守り 受付時間・・・・8時〜17時
御祈祷 受付時間・・・・9時〜16時30分

TEL 0463(55)1195 FAX 0463(55)1370

ご質問|お問い合わせ