ぶろぐ 前鳥の森から

神奈川県平塚市四之宮に鎮座する前鳥神社(さきとりじんじゃ)のブログです。

祈年祭が行われました

2月18日午前10時より、祈年祭が斎行されました。年のはじめに1年の五穀豊穣、諸産業の繁栄を祈念するお祭りです。「トシゴイの祭」とも称し、この「年」は穀物のことを指すようです。神社で行なわれる祭儀の中でも、例大祭新嘗祭(にいなめさい)と並ぶ重要なお祭のひとつとされています。

式は神社本庁の規程に則り厳粛のうちに進められました。神社役員はもとより生産組合長以下の各種団体長がそれぞれ玉串を捧げ拝礼し、自然災害がなく豊かな実り多い秋を迎えることのできるよう祈りました。 

f:id:sakitorijinja:20180219145230j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20180219145239j:plain

f:id:sakitorijinja:20180219145243j:plain

f:id:sakitorijinja:20180219145246j:plain

四之宮町内で稲荷講の祭典が行われました

今年も稲荷講の皆さんが集まりそれぞれの地区で祭典が行われ、地域の繁栄、五穀豊穣、商売繁盛の祈願が行われました。

f:id:sakitorijinja:20180217194608j:plain

f:id:sakitorijinja:20180217194847j:plain

f:id:sakitorijinja:20180217195054j:plain

東町稲荷講

 

 

 

 

それぞれの稲荷社と稲荷講の発祥については今後の詳しい調査を待たなければなりませんが、少なくとも各稲荷講は明治時代以前の江戸時代にまでさかのぼる事が出来るようです。

一方、前鳥神社の境内にある稲荷社並びに通町稲荷社では先日祭典を執り行い、日頃の感謝と共に神さまの御加護賜らん事を祈願しました。

f:id:sakitorijinja:20180217204135j:plain

f:id:sakitorijinja:20180217204246j:plain

f:id:sakitorijinja:20180217204307j:plain

 

節分祭が行われました

冬から春へ、季節の分かれ目 節分祭が行われました。

午前11時からは、さきとり幼稚園の年長組の園児による豆撒きが行われ、

紙製の特製裃姿も凛々しく、訪れた保護者に福を授けました。

1時半からは御社殿にて追難の式典が斎行され、年のはじめに厄難消除・開運招福が祈られました。

式典後は境内の特設やぐらより年男による豆撒き行事が行われました。

河野太郎外務大臣・落合克弘平塚市長様をはじめ、多くの年男たちが、「鬼は外 福は内」と掛け声も威勢良く福豆を撒くと、福を受けようと境内を埋め尽くした参拝者達は手を伸ばし競って副豆を受けていました。

ご参列戴きました年男の皆様、景品等ご協賛頂きました皆様、長い間の準備と運営に当たって戴きました氏子会の役員の皆様、誠に有り難うございました。

 

◆さきとり幼稚園児による豆撒き

f:id:sakitorijinja:20180205122948j:plain

 

◆追難式典 宮司祝詞奏上f:id:sakitorijinja:20180205123208j:plain

 

◆追難式典 弓箭の祝言

f:id:sakitorijinja:20180205123430j:plain

 

◆追難式典 拝殿いっぱいの年男

f:id:sakitorijinja:20180205123643j:plain

 

◆豆撒き行事

f:id:sakitorijinja:20180205124041j:plain

f:id:sakitorijinja:20180205123744j:plain

 

◆景品の引き換え

f:id:sakitorijinja:20180205124218j:plain

 

節分祭のお知らせ

 

節分祭の行事予定についてお知らせします。

 

2月3日

13時               年男・年女奉仕者集合 (研修殿)

                        裃の着付けを行います

13時30分        節分祭祭典(ご社殿)

14時30分        豆撒き行事(境内やぐらより)

                        2回に分けて行われます。

15時20分ごろ 景品交換(神楽殿)

 

豆撒き時は大変混雑いたします。危険のないようご年配の方・お子さんに豆をお渡しする専用コーナーも設けておりますので、そちらもご利用ください。

神社駐車場は年男・年女奉仕者専用となります。一般の方は臨時駐車場(四之宮霊園様駐車場)をご利用ください。

 

無病息災・厄除を祈願する祭典です。怪我や事故等のないよう、ご協力をお願いいたします。

桜 梅 二題

厳しい寒さが続いていますが、その中で花の話題をお伝えします。

 ◆緋寒桜(ひかんざくら)

受験シーズン「サクラ咲く」には少し早いですが、御社殿脇に薄紅色の花が咲いています。受験生を応援しているかのようです。

f:id:sakitorijinja:20180125134442j:plain

f:id:sakitorijinja:20180125134523j:plain

 

◆蝋梅(ろうばい)  ご近所で見つけました。

花言葉の「慈愛」「優しい心」は、花の少ない冬にひっそりと黄色い花を咲かせることから由来しており、「先導」「先見」は、春に咲く花より先だって咲くことから由来しているといわれています。

冬の日射しを受けて、一足早い春を感じさせます。

f:id:sakitorijinja:20180125135309j:plain

f:id:sakitorijinja:20180125135405j:plain

節分祭 福桝の焼き印押し

今年の干支であります犬の絵柄の福升に「前鳥神社」の焼き印を押しました。

節分祭の当日には福豆を撒く年男年女の方は勿論の事、福豆を得ようとする参拝者にも今年一年間、健康で幸せに過ごせるよう祈念し奉製しました。

f:id:sakitorijinja:20180122174157j:plain

近年は電気による焼き印押し

f:id:sakitorijinja:20180122174225j:plain

f:id:sakitorijinja:20180122174250j:plain

全ての福桝に焼き印押しが終えました

f:id:sakitorijinja:20180122174630j:plain

今年の干支の絵柄桝は親子の犬です

 

 

節分祭 櫓(やぐら)建て

神明神社の例祭が終わると、神社役員様方は節分祭の準備にとりかかります。

21日は責任役員・宮総代・世話人・青年部の皆様の多くの方のご奉仕により、豆撒き用の櫓建てが行われました。

場所決めの後は、多くの材料が慎重に組み立てられ、御社殿回廊から神楽殿までの長い距離の設営が手際良く行われました。

また、特設の掲示板も無事に建ち上がりました。

ご奉仕の役員様には誠にお疲れさまでした。

f:id:sakitorijinja:20180122165407j:plain

f:id:sakitorijinja:20180122165545j:plain

節分祭 年男 豆まき奉仕者募集

年のはじめに邪気災難を祓う節分祭。

当神社の節分祭追難式では祈願をこめる祝詞奏上の後、四方天地に向かって弓を射て邪気を追う「弓箭の祝事」、鬼門に向かって破魔矢を放つ「弓矢の行事」などの儀式を行い、その後境内の特設櫓(やぐら)から豆を撒きます。

今年の年男年女、厄年の方に限らず一年の開運招福・厄難消除・社運隆昌を願う方ならどなたでもご奉仕できます。

是非ご参加ください。 

 

 ◆ 日にち   2月3日  土曜日  午後1時30分より(式典開始)

 ◆ 初穂料   1万5千円から

 ◆ 問い合わせ 申し込み

         電話 0463-55-1195

 

f:id:sakitorijinja:20180117100850j:plain

f:id:sakitorijinja:20180117100513j:plain

 

 

 

おだんごの奉納

さきとり幼稚園では日本の正月の伝統行事を体験し、一年の無病息災を祈る行事として、園庭にサイトを設け、全園児が参加をしおだんごを焼き、タレを付けて戴いています。

代表のクラスが前鳥神社の御神前に、おだんごの奉納にみえ、今年も元気に仲良く過ごせますようにと、お祈りしました。

f:id:sakitorijinja:20180112174928j:plain

f:id:sakitorijinja:20180112175036j:plain

f:id:sakitorijinja:20180112175135j:plain

f:id:sakitorijinja:20180112175227j:plain

f:id:sakitorijinja:20180112175310j:plain

前鳥神社

〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮4-14-26
御朱印・お守り 受付時間・・・・8時〜17時
御祈祷 受付時間・・・・9時〜16時30分

TEL 0463(55)1195 FAX 0463(55)1370

ご質問|お問い合わせ