ぶろぐ 前鳥の森から

神奈川県平塚市四之宮に鎮座する前鳥神社(さきとりじんじゃ)のブログです。

東町稲荷社本殿遷座祭斎行

東町稲荷講ではこの度稲荷社を前鳥神社参道に移設する事になりました。

この移設に伴い、御霊を仮殿に遷座する仮殿遷座祭の奉仕、稲荷社の移設、修理、周辺整備工事等を行ってきましたが、工事が完了したため、このたび本殿遷座祭を行いました。

稲荷講の皆様の大勢の方の参列のもと無事に祭典を終了しました。

新しい東町稲荷社はニの鳥居の手前左側、小駐車場との間の桜並木の中に参道側を向いて鎮座しています。

今後も変わらず東町稲荷講の皆様をはじめご参拝の方に至るまでお守り頂ける事でしょう。

f:id:sakitorijinja:20180422183631j:plain

仮殿が鎮座する神楽殿にて修祓

f:id:sakitorijinja:20180422183939j:plain

遷座の儀を奉仕

f:id:sakitorijinja:20180422184159j:plain

f:id:sakitorijinja:20180422184409j:plain

玉串奉奠

左喜登利会 平成二十九年度定期総会が開催されました

4月21日(土)に、前鳥神社研修殿にて、前鳥神社氏子役員会OB組織である左喜登利会の定期総会が開催されました。 議案審議では年間の事業報告、決算、事業計画、予算案等が審議され全会一致で承認されました。来たる平成31年度、左喜登利会創立三十周年の佳節を迎えるにあたり、記念事業を行う件が承認されました。事業詳細の決定について理事会での決裁が一任され、今後の会議にて決定することになりました。

f:id:sakitorijinja:20180422182752j:plain

また会の最後には平成30年度の前鳥神社御鎮座1650年式年大祭を記念し式年大祭実行委員会へ紅白幕の贈呈式が行われました。

 

その後は会場を移して懇親会が行われ、和やかなひとときを過ごしました。

f:id:sakitorijinja:20180422182837j:plain

f:id:sakitorijinja:20180422183010j:plain

前鳥神社で見られる「鳥」

境内を大きな木々に囲まれた前鳥神社は、私たち人間にとって癒やしの場ですが、小鳥たちにとっても楽園、休息の場です。

f:id:sakitorijinja:20180418171332j:plain

[春の初めの百舌鳥(モズ)]

平塚市内で一般的に見られる鳥類はもちろん、相模川に近い立地によるのか、サギ・アオサギが高い杉の木を「ねぐら」として使い、河川敷からキジが迷い込んでくることもあります。

f:id:sakitorijinja:20180418172210j:plain

ヒヨドリ

f:id:sakitorijinja:20180418172315j:plain

[杉の木にオナガ

f:id:sakitorijinja:20180418172416j:plain

[餌を探すシメ]

f:id:sakitorijinja:20180418173013j:plain

[珍客]

f:id:sakitorijinja:20180418172912j:plain

[青灰色のキリっとした小鳥]

f:id:sakitorijinja:20180418173118j:plain

調べたところ、イソヒヨドリという鳥だそうです。

f:id:sakitorijinja:20180418173223j:plain

メスのイソヒヨドリもいました。オスに比べて地味ですが、模様が綺麗です。

f:id:sakitorijinja:20180418173346j:plain

オスの腹羽は光の加減で樺色に見えます。

イソヒヨドリはここ数日で見られるようになりました。本来はその名の通り海の近くに住んでいる鳥なのですが、近年は内陸部にも住処を広げているそうです。メスが糸くずを持っていたので、境内の森のどこかで巣作りをしているのかもしれません。

 

思はぬを思ふと言はば真鳥住む 雲梯の杜の神し知らさむ

 

書道作品・絵画作品を募集しています。

「第7回さきとりの森書道展・幼児絵画展」の開催にあたり、書道作品及び幼児の絵画作品を募集します。

本年、当神社はこの地に鎮座して1650年というお祝いの佳節を迎え、様々な奉祝事業・行事が行われています。その一環として、当実行委員会では通常の書道作品に加え幼児の絵画も展示し、「第7回さきとりの森書道展・幼児絵画展」として開催する運びとなりました。また、開催期間中には当神社「こどもまつり」も行われ、地域の皆様で賑わいます。

詳細につきましては、以下の開催要項をご覧の上、多くの方々に出品して頂けますようご案内申し上げます。

尚、今回は奉祝行事の為、幼児・学生の皆様(高校生まで)の出品料は無料です。

 

◎書道展募集要項◎

【作品提出期間】平成30年5月28日(金)~6月11日(月)

 

【展示期間】平成30年7月6(金)~7月8日(日)

      ※8日は前鳥神社こどもまつり開催日 
【展示会場】前鳥神社研修殿

【出品資格】幼児から一般の方までどなたでも出品できます。

【出品規定】課題:中学生までは学年別の課題より選択。高校生以上は自由。

      作品の大きさ:幼児と小学生は半紙(縦約32.5センチ×横約25センチ)。

             中学生は半紙3枚継(縦約97.5センチ×横約25センチ)。

             高校生以上は自由。但し額の作品は不可。

             1人何点でも出品できます。

      書体:小学生までは、楷書。中学生以上は自由

【出品方法】神社(実行委員会)に郵送、もしくは直接お持ちください。

 【出品料】高校生までは無料。一般の方は1点1000円を出品時に納めて下さい。

  【審査】作品に優劣はつけません。
  【褒賞】出品者全員に参加賞と記念品を贈呈します。

 

☆課題☆

   幼児:うた、とり        
小学1年生:うみ、なつ      
小学2年生:たいこ、みこし     
小学3年生:お祝い、天の川    
小学4年生:たから舟、夏まつり   
小学5年生:学問の宮、日本の心   
小学6年生:梅雨の星、花咲く町
中学1年生:祝いの言葉、奉祝の祭り
中学2年生:初志を貫く、友愛の精神
中学3年生:三種の神器、豊穣の喜び
※課題は学年毎に2点提示してありますので、1点または両方お選び下さい。

 

◎幼児絵画展開催要項◎

【出品資格】就学前のお子様はどなたでも出品できます。

【作品提出期間】平成30年5月28日(月)~6月11日(月)

【テーマ】①七夕②夏③お祭④にわとり(とり)⑤みんなのお祝いの日(楽しい日)

【作品形式】八つ切画用紙(タテヨコ自由)。画材は自由です。

 

作品送付先及びお問合せ
〒254-0014
平塚市四之宮4-14-26
さきとりの森書道展実行委員会(前鳥神社内)
電話0463-55-1195

神輿の入れ替えが行われました

4月15日、平塚市博物館で行われている春期特別展「四之宮 前鳥神社−その神輿と地域の信仰−」の目玉展示である、神輿の入れ替え作業が行われました。

f:id:sakitorijinja:20180417164010j:image

搬入日同様に、前鳥神社氏子世話人・青年部が総出で大神輿の搬出と、八坂神社神輿の搬入を行いました。

f:id:sakitorijinja:20180417164358j:image

運び出される大神輿

f:id:sakitorijinja:20180417164257j:image

朝までの風雨が嘘のように晴れわたりました。

f:id:sakitorijinja:20180417164611j:image

同じく搬出される御霊神輿

大神輿と御霊神輿は5月5日に行われる國府祭(こうのまち)で大磯町国府本郷までお出ましになるので、その準備のために一足早く前鳥神社に戻ります。

f:id:sakitorijinja:20180417164857j:image

続いて八坂神社神輿の搬入

f:id:sakitorijinja:20180417165013j:image

神輿の飾り付けも無事に済み

f:id:sakitorijinja:20180417165049j:image

5月6日まで展示されます

このお神輿は前鳥神社境内にある八坂神社(神戸神社内)のお祭りで担がれます。前鳥神社の大神輿よりは小ぶりですが、他の神社の大神輿と比べても遜色ない大きさです。

大神輿と同じく名工 手中明王太郎の製作であり、特に彫刻には見所が多いので、ぜひご覧ください。

f:id:sakitorijinja:20180417170653j:image

当日はSCNの取材が入り、青年部長がインタビューに応える一幕も。

f:id:sakitorijinja:20180417170844j:image

展示替えに伴って神輿関係資料も入れ替えられ、御霊神輿のあった場所には新倉家が所蔵していた明王太郎作の長火鉢が展示されています。

展示替えにご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

ワシントン桜の植樹と開花

去る3月末、境内の桜並木に新しい仲間が加わりました。

f:id:sakitorijinja:20180417172426j:image

この日植えられた2本の桜の苗木は明治45年(1912)に日本からアメリカ合衆国ワシントンD.C.に贈られた桜の孫の木です。

f:id:sakitorijinja:20180417172449j:image

植樹作業

ポトマック河畔の桜並木は日米友好の証として有名ですが、その3000本もの桜を寄贈した尾崎行雄東京市長(当時)の功績を顕彰するため、ワシントンの桜から株が分けられ、尾崎記念館(尾崎行雄を全国に発信する会)によって約100本の苗木の植樹が行われています。

f:id:sakitorijinja:20180417172524j:image

今回の植樹は21渋田川プロムナードプラン推進協議会様のご紹介によって行われました。渋田川の桜並木にもワシントン桜は植えられています。

f:id:sakitorijinja:20180417175114j:image

尾崎行雄(Wikipediaより)

多くの方に日米友好と尾崎行雄の功績を知ってもらうことを目的として、前鳥神社の境内が植樹場所に選ばれたそうです。

植えられた2本の桜は八重桜です。

f:id:sakitorijinja:20180417172627j:image

植えられたばかりですが、先日綺麗に花が咲きました。

f:id:sakitorijinja:20180417172702j:image

さっそく「ワシントン桜」「ポトマック桜」「里帰り桜」など色々な呼ばれ方をしていますが、これから前鳥神社の見どころの一つになってくれることでしょう。

まだお花が残っていますので、せびご覧ください。

 

国府祭 神輿かつぎ(白丁) 募集

相模の国、最大の祭典であります国府祭。

寒川神社・川勾神社・比々多神社・前鳥神社・平塚八幡宮六所神社

各神社の神輿が大磯の神揃山(かみそろいやま)と王家場(おおやば)に集まり、天下泰平と五穀豊穣を祈願します。

四之宮では中学生から大学生、二十歳前後の若き力で白木御霊神輿を担ぐのが古くからの習わしになっています。

下記要項にて、担ぎ手(白丁)を募集しています。

地域への奉仕、伝統の継承として価値ある体験です。

ご友人等を誘って、ぜひご参加ください。

 

日 時   平成30年5月5日 こどもの日

時 間   午前6時から午後9時頃まで

★基本的には四之宮在住の方が優先となりますが、ご相談に応じます。 

★衣装 昼食及び飲食物は当方で用意します。

 

お申込み、お問い合わせ  

前鳥神社社務所  電話0463-55-1195

当神社ウエブサイトよりメールでも結構です。

f:id:sakitorijinja:20180416111913j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20180416100351j:plain

 

 

 

 

新緑の境内

桜の花が終わり、境内はケヤキの大木の緑が大変美しい季節がやってきました。

「森の前鳥神社」として平塚八景に指定されております御神域に、是非足をお運びください。

氏子の髙橋謙吉様からは藤の花の鉢植えをご奉納を賜りました。

桜と同様に平年より10日ほど開花が早いそうです。

f:id:sakitorijinja:20180413142226j:plain

f:id:sakitorijinja:20180413142312j:plain

f:id:sakitorijinja:20180413142450j:plain

さきとり幼稚園 入園奉告祭

さきとり幼稚園 第42回の入園奉告祭が行われました。

園ホールでの入園式の後、本来であれば前鳥神社御社殿前にて斎行するところでしたが、あまりの強風のため、園ホール神殿の前にて執り行われました。

お祓いの後、入園のご奉告と園児たちのこれからの健康安全が祈られました。

初めてのお参りでしたが、大変お行儀良くすることができました。

さきとり幼稚園で楽しい思い出をたくさん作ってください。

f:id:sakitorijinja:20180409162354j:plain

入園式 手遊び

f:id:sakitorijinja:20180409162514j:plain

奉告祭 お祓い

f:id:sakitorijinja:20180409162638j:plain

 玉串を捧げて 神さまにご挨拶

 

前鳥神社

〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮4-14-26
御朱印・お守り 受付時間・・・・8時〜17時
御祈祷 受付時間・・・・9時〜16時30分

TEL 0463(55)1195 FAX 0463(55)1370

ご質問|お問い合わせ