ぶろぐ 前鳥の森から

神奈川県平塚市四之宮に鎮座する前鳥神社(さきとりじんじゃ)のブログです。

境内整備・神社関係者懇親会が行われました

小雨が降る中、本日境内整備が行わました。

本来ならば、毎年この時期には幟や紅白幕等を干す行事であります土用干しを行う予定でしたが、雨天のため急遽境内整備が行われました。

f:id:sakitorijinja:20170723145018j:plain

過日伐採した樹木を纏める

f:id:sakitorijinja:20170723145253j:plain

赤鳥居にかかる桜の枝が手馴れた様子で処理されていきます

f:id:sakitorijinja:20170723151922j:plain

f:id:sakitorijinja:20170723152056j:plain

f:id:sakitorijinja:20170723145545j:plain

作業終了後には毎年恒例の神社関係者の懇親会が行われました

 

世話人による相模川産鮎の天ぷらの下ごしらえf:id:sakitorijinja:20170723153541j:plain

f:id:sakitorijinja:20170723152021j:plain

f:id:sakitorijinja:20170723152133j:plain

揚げたての鮎の天ぷらを味見する宮世話人副長

f:id:sakitorijinja:20170723152213j:plain

婦人部による手料理も振る舞われました

f:id:sakitorijinja:20170723154254j:plain

f:id:sakitorijinja:20170723154456j:plain

f:id:sakitorijinja:20170723154927j:plain

f:id:sakitorijinja:20170723162307j:plain

懇親会の準備が整いました

f:id:sakitorijinja:20170723162153j:plain

神社関係者懇親会は 日頃当神社にご奉仕して頂いています神社役員 雅楽保存会 囃子太鼓保存会 左喜登利会他の方々と親睦を深める氏子会主催の懇親会です

古くは遊船会と称して、相模川に船を浮かべ鮎を捕り、河畔で行う懇親会でしたが、

現在は前鳥神社にて行われています。

 

司会進行は平野副総代が行い、山口総代、神代宮司、伊藤崇敬会会長とそれぞれご挨拶を頂きました

f:id:sakitorijinja:20170723162403j:plain

f:id:sakitorijinja:20170723162443j:plain

f:id:sakitorijinja:20170723162530j:plain

f:id:sakitorijinja:20170723162558j:plain

乾杯は長嶋顧問による発声にて行われました

f:id:sakitorijinja:20170723162656j:plain

f:id:sakitorijinja:20170723162754j:plain

f:id:sakitorijinja:20170723162819j:plain

f:id:sakitorijinja:20170723162859j:plain

乾杯の発声の後 参加者それぞれが美味しい手作り料理に舌鼓を打ち、和やかに行われました

終了後は神社役員全員で片付けを行いました

f:id:sakitorijinja:20170723173841j:plain

 

 

 

さきとり幼稚園 年長組参拝

さきとり幼稚園の年長組は、夏休みに入った昨日より1泊2日の予定でお泊まり保育を行いました。

昨夜はキャンプファイヤーや花火、肝試し等で楽しみました。

今朝は朝の集いの後、清々しい空気の中、神社を参拝。

「これからも暑い日が続きます。木陰などでしっかりと休憩をとって、暑い夏を元気で過ごしてください」と、神職から講話がありました。

f:id:sakitorijinja:20170721152619j:plain

f:id:sakitorijinja:20170721152723j:plain

f:id:sakitorijinja:20170721152839j:plain

境内のトンボ

暑い日が続いております。お元気にお過ごしでしょうか。

先日境内にてトンボを撮影しました。

こちらはオオシオカラトンボのオスです。スピーカーの縁で羽を休めていました。

シオカラトンボのオスよりも水色が濃いのが特徴です。

f:id:sakitorijinja:20170717142304j:plain

オオシオカラトンボのメスです。境内の玉垣に止まっていました。こちらもオス同様シオカラトンボのメスよりも黃色が濃く黒色の部分が多くなっています。

f:id:sakitorijinja:20170717142327j:plain

 今後も他のトンボなどの写真が撮れましたら紹介していきたいと思っております。

 

浦安の舞 舞姫の顔合わせが行われました

「天地の神にぞ祈る朝凪の海のごとくに波立たぬ世を」

 昭和天皇の御製をもとに昭和15年 皇紀2600年を奉祝して作られた「浦安の舞」は全国の神社で奉奏されています。

当神社でも、およそ80年の長きに亘り氏子により舞継がれており、例祭・祈年祭

新嘗祭の三大祭には欠かさず奉奏されています。

今年も新たに舞姫に選ばれた小学5年生4名と、昨年1年ご奉仕を続けてきた6年生との顔合わせが行われました。

前鳥神社雅楽保存会平野哲男会長、山口泰三氏子総代からは、しっかりとお稽古をして、立派な舞を奉納してください、とお話があり、神代春彦宮司からは浦安の舞のいわれなどのお話がありました。

自己紹介の後は長谷川芳枝指導員のもと、今後のお稽古について、心構えや日程等についての打ち合わせが行われました。

f:id:sakitorijinja:20170715171503j:plain

f:id:sakitorijinja:20170715171547j:plain

八坂神社例祭の献灯を納める

照りつける暑い日差しの中、八坂神社例祭の献灯を青年部員が撤収作業を行いました。

f:id:sakitorijinja:20170715143245j:plain

先ずは提灯枠をロープで慎重に下ろす

f:id:sakitorijinja:20170715150657j:plain

f:id:sakitorijinja:20170715150846j:plain

高い所にもかかわらず手慣れてた様子で枠を取り外しています

f:id:sakitorijinja:20170715151129j:plain

各提灯の電球を確認しながらの収納

f:id:sakitorijinja:20170715151802j:plain

 続いてお神輿四方提灯の撤収

f:id:sakitorijinja:20170715151830j:plain

f:id:sakitorijinja:20170715152149j:plain

予定の作業が済むと、部員達恒例のバーベキューが和やかに行われました。

猛暑の中のご奉仕、お疲れさまでした。

f:id:sakitorijinja:20170715152405j:plain

f:id:sakitorijinja:20170715154244j:plain

八坂神社例祭・こどもまつりが斎行されました

7月9日、晴れ渡る空の下で境内社八坂神社例祭・こどもまつりが行われました。

f:id:sakitorijinja:20170710144604j:plain

f:id:sakitorijinja:20170710143342j:plain

午前7時に集合し、お祭りの受付・準備を行う氏子役員の皆さま

f:id:sakitorijinja:20170710143149j:plain

定刻の午前8時より開始した八坂神社例祭ならびに八坂神社発輿祭

f:id:sakitorijinja:20170710143614j:plain

宮司一拝

f:id:sakitorijinja:20170710145109j:plain

祝詞奏上

f:id:sakitorijinja:20170710145323j:plain

ご神前には氏子顧問さまから奉納された相模川産の若鮎が供えられました。

f:id:sakitorijinja:20170710155129j:plain

お神酒を準備する婦人部の方々

f:id:sakitorijinja:20170710155031j:plain

発ちお神酒

f:id:sakitorijinja:20170710174626j:plain

宮発ち

f:id:sakitorijinja:20170710174907j:plain

各町内のお神酒所では八坂神輿と一緒に昨年新造された子供神輿が担がれました。

f:id:sakitorijinja:20170710175343j:plain

上郷地区ではお神酒所の準備をしてくださった女性の方々が子供神輿を担ぎました。

f:id:sakitorijinja:20170710200142j:plain

f:id:sakitorijinja:20170710200538j:plain

そのころ境内神楽殿では婦人部さんがあべかわ餅2斗5升分を大急ぎで作ります。

f:id:sakitorijinja:20170710190008j:plain

下郷地区神酒所祭

f:id:sakitorijinja:20170710190235j:plain

お神輿が四之宮町内を巡幸しているころ、境内にはフリーマーケットが店を出し始めました。

f:id:sakitorijinja:20170710190425j:plain

参拝者で賑わいはじめます。

f:id:sakitorijinja:20170710190640j:plain

使い終わった文房具に感謝して神社に納める「文房具感謝祭」の受付

f:id:sakitorijinja:20170710190949j:plain

学問の神さまの前に文房具を置いてお祈りをします。

f:id:sakitorijinja:20170710191415j:plain

前鳥神社雅楽保存会さんのスーパーボールすくい

f:id:sakitorijinja:20170710191601j:plain

世話人さんのやきそば屋台

f:id:sakitorijinja:20170710191803j:plain

さきとり幼稚園から園児の作った七夕飾りと短冊の奉納

f:id:sakitorijinja:20170710193231j:plain

f:id:sakitorijinja:20170710193058j:plain

f:id:sakitorijinja:20170710193138j:plain

さきとり幼稚園と地域の子どもたちによるお神輿パレード

f:id:sakitorijinja:20170710200414j:plain

お神輿を担いだ子どもたちには婦人部さん手作りのあべかわ餅が渡されました。

f:id:sakitorijinja:20170710192114j:plain

バルーンアーティストしほちゃんのパフォーマンスショー

f:id:sakitorijinja:20170710192428j:plain

バルーンアートを観に神楽殿の前には多くの親子が集まりました。

f:id:sakitorijinja:20170710192540j:plain

夢中になって舞台に集まる子どもたちもいるほど大盛況でした。

f:id:sakitorijinja:20170710192901j:plain

そのうち、新造なった一之鳥居から八坂神輿の還御

f:id:sakitorijinja:20170710193408j:plain

消防・氏子役員の先導のもと、賑わう境内を進む神輿

f:id:sakitorijinja:20170710193645j:plain

夕闇の中、お神輿が美しく照らされます。

f:id:sakitorijinja:20170710194034j:plain

長い巡幸を終え神戸神社前に還ったお神輿は、無事にお着きをいたしました。

f:id:sakitorijinja:20170710194207j:plain

婦人部のさきとり音頭

f:id:sakitorijinja:20170710194520j:plain

すべての出し物・行事を滞りなく終え、氏子役員は直会・解散

f:id:sakitorijinja:20170710194836j:plain

翌日夕には神楽殿で反省会が行われ、暑かった前日の労をねぎらい、来年に向けた綿密な反省を行いました。

準備から当日のお役・片付けまで氏子の皆さまのご尽力によって素晴らしいお祭りとなりました。暑い中、本当にお疲れ様でした。

 

氏子様のご奉仕・八坂神社例祭 こどもまつりのご案内

明日の八坂神社例祭並びにこどもまつりを前に、氏子役員様のご奉仕をいただきました。大駐車場周囲の植え込みの剪定、枯れ枝の除去、参道の除草等が大変な暑さの中、行われました。

また、明日の祭典に関わる神輿や提灯等の諸準備も、各担当毎に着々と進められました。

f:id:sakitorijinja:20170708153113j:plain

f:id:sakitorijinja:20170708153332j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20170708153430j:plain

尚、明日の予定は下記の通りです。

◇境内神社 八坂神社例祭

7月9日 午前8時    式典  (境内 神戸神社 神輿前にて)

       8時30分 神輿発輿

     終日      氏子町内巡行

     午後4時10分 下郷神酒所発輿 これより担いで渡御

       7時    神社宮入

◇こどもまつり

     午後4時~8時

       5時20分  子どもみこしパレード

       6時     バルーンアートショー

       6時35分  リズムダンス

       7時15分  さきとり音頭

       7時30分  前鳥囃子と里神楽

     ✩フリーマーケット開催(午後2時から)

     ✩夜店もあります。

     ✩文房具感謝祭

      使わなくなった文房具。感謝をこめてお納めください。

 

★自動車・自転車は指定された場所におとめ願います。

★ご家族お揃いでのご参拝をお待ちしております。 

     

 

 

 

 

 

 

      

 

御神前に じゃがいも が奉納されました

さきとり幼稚園では食育の一環として、玉ねぎやさつま芋の栽培をしていますが、

過日、ちびっこ農園にて園児達自らが収穫したじゃがいもが本日、御神前に奉納されました。

恐る恐る昇殿した子ども達、拝殿ではきちんと正座をして、神主さんによるお祓いをうけ、そして参拝。

収穫の喜びを感じ、神さまに感謝の祈りを捧げました。

f:id:sakitorijinja:20170707121057j:plain

f:id:sakitorijinja:20170707182000j:plain

f:id:sakitorijinja:20170707121149j:plain

f:id:sakitorijinja:20170707121250j:plain

堂番と囃子太鼓練習始まる

来る、八坂神社例祭に向けて七月四日より八日までの期間、四之宮の各地区による神輿の堂番と、祭典に欠かせない囃子太鼓保存会の太鼓の練習が始まりました。

堂番とは神輿をお守りするお役目の事で、この五日の期間、神社役員さんが代わる代わる

神輿をお守りして頂きます。

本年の初日は、台風3号の雨の中にもかかわらず大勢の役員さん達がご奉仕頂きました。

f:id:sakitorijinja:20170705145329j:plain

太鼓保存会の練習

 

f:id:sakitorijinja:20170705145352j:plain

f:id:sakitorijinja:20170705145704j:plain

途中から太鼓保存会の方も練習を終え堂番に加わり和やかに初日を終えました。

 

八坂神社宵宮祭が斎行されました

4日、八坂神社宵宮祭が行われました。

八坂神社は前鳥神社の境内にある神戸(ごうど)神社内に合祀されている神社で、ご祭神は素盞鳴尊(スサノヲノミコト)さまです。

素盞鳴尊さまは古くは牛頭天王(ごずてんのう)と呼ばれ、八坂神社のお祭りを「お天王(てんのう)さん」とも呼ぶのはここに由来します。

f:id:sakitorijinja:20170704114812j:plain

「宵宮祭」と言いますが、祭典は午前9時から行われます。

f:id:sakitorijinja:20170704115224j:plain

斎主に合わせ一拝を行う氏子役員

f:id:sakitorijinja:20170704115542j:plain

f:id:sakitorijinja:20170704115511j:plain

社殿内での祝詞奏上

f:id:sakitorijinja:20170704120652j:plain

祭典終了後、八坂神社の大神輿が神輿庫から出され、ご本社の拝殿に奉安されます。

f:id:sakitorijinja:20170704120925j:plain

ご本社の大神輿と比べればやや小さいものの、拝殿へ担ぎ上げるのは一苦労

f:id:sakitorijinja:20170704121133j:plain

神戸神社の向きに合わせ西向きに据えられます。

f:id:sakitorijinja:20170704121334j:plain

続いて子ども神輿の担ぎ上げ

f:id:sakitorijinja:20170704121427j:plain

9日の八坂神社例祭まで5日5晩の間、拝殿に奉安される2基のお神輿

f:id:sakitorijinja:20170704122951j:plain

四足付獅子木鼻

八坂神社神輿は明治23(1890)年7月に大山の宮大工「手中明王太郎(てなかみょうおうたろう)忌部景元(いんべのかげもと)」を棟梁として建造されました。

f:id:sakitorijinja:20170704122139j:plain

f:id:sakitorijinja:20170704122149j:plain

この神輿の最も大きな特徴として挙げられるのがこの「丸柱の回転巻龍」です。四隅の丸柱に巻き付くように彫られた2匹の龍の彫刻が、手で押すと丸柱を軸として回転する珍しい細工です。69歳と円熟期を迎えた手中明王太郎の独創的な技術が光ります。

 

7月9日 日曜日に行われる八坂神社の例大祭では、このお神輿が四之宮地区内を渡御します。八坂神社例祭は素盞鳴尊さまの猛々しい御神力をいただいて、病や災いを追い払い夏を元気に過ごすためのお祭りです。お神輿の見物も兼ねて、ぜひご家族でご参加ください。

 

 

前鳥神社

〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮4-14-26
御朱印・お守り 受付時間・・・・8時〜17時
御祈祷 受付時間・・・・9時〜16時30分

TEL 0463(55)1195 FAX 0463(55)1370

ご質問|お問い合わせ