読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶろぐ 前鳥の森から

神奈川県平塚市四之宮に鎮座する前鳥神社(さきとりじんじゃ)のブログです。

崇敬会大祭・太鼓共演会が開催されました

5月20日、崇敬会総会・大祭が行われました。

まず研修殿で総会が行われ、全ての議案が慎重審議の後に無事承認されました。

その後の崇敬会大祭式典では「献茶の儀」「悠久の舞」など、崇敬会大祭でしかみられない神事が行われました。

f:id:sakitorijinja:20170522085011j:plain

表千家 芝岡宗佳氏による「献茶の儀」

f:id:sakitorijinja:20170522091655j:plain

氏子の学生による神楽「悠久の舞」

「悠久の舞」が社殿内で神事として舞われるのは崇敬会大祭だけです。

f:id:sakitorijinja:20170522092723j:plain

参列の崇敬会会員による玉串奉奠

f:id:sakitorijinja:20170522092928j:plain

同時刻に研修殿前ではお茶会が行われていました。

f:id:sakitorijinja:20170522094116j:plain

本格的な茶の湯が気軽に楽しめると、参加者からは毎回大変好評です。

f:id:sakitorijinja:20170522115813j:plain

f:id:sakitorijinja:20170522120004j:plain

f:id:sakitorijinja:20170522095538j:plain

境内で行われていた平塚名店市、フリーマーケットも盛況です。

f:id:sakitorijinja:20170522100025j:plain

11時より古代行列・稚児行列が始まりました。初めにお祓い。

f:id:sakitorijinja:20170522101645j:plain

赤鳥居から出発します。

f:id:sakitorijinja:20170522101754j:plain

f:id:sakitorijinja:20170522101942j:plain

古代行列に続いて稚児行列が進みます。

f:id:sakitorijinja:20170522102313j:plain

真新しい一の鳥居から神社境内へ

f:id:sakitorijinja:20170522104042j:plain

沢山の参拝者や保護者が参道沿いで見物していました。

f:id:sakitorijinja:20170522104841j:plain

行列後、参加した園の年長さんには境内でお菓子が配られました。

f:id:sakitorijinja:20170522105729j:plain

11時30分からの太鼓共演会には開幕前から多くの方が詰めかけました。

f:id:sakitorijinja:20170522110012j:plain

地元の方にはお馴染みの前鳥囃子にお祭りの雰囲気が盛り上がります。

f:id:sakitorijinja:20170522110305j:plain

つづく田村ばやしは前鳥囃子とは太鼓の音色も異なり、ガラリと境内の雰囲気が変わりました。

f:id:sakitorijinja:20170522111008j:plain

田村八坂神社の氏子さんである小学生の皆さんによる印場踊りも可愛らしく。

f:id:sakitorijinja:20170522112232j:plain

タウンニュースなどの事前告知を見て平塚市内から多くの見物人が集まっていました。隣接した地区ではありますが、なかなかお互いの囃子太鼓を目にする機会がない田村・四之宮の方々が多く集まっていたのも印象的です。

f:id:sakitorijinja:20170522111511j:plain

f:id:sakitorijinja:20170522113300j:plain

「前鳥囃子と里神楽」、「田村ばやし」は交互に二度ずつ演奏され、そのたびに見物人からは大きな拍手が上がりました。こうして崇敬会大祭は盛況のうちに幕を閉じました。

f:id:sakitorijinja:20170522093825j:plain

お骨折りいただいた崇敬会会員・氏子の皆さま、ご出演いただいた太鼓団体の皆さま、崇敬会市にご出店いただいた方々には心より御礼申しあげます。

f:id:sakitorijinja:20170522114532j:plain

手水舎敷石工事竣功

御鎮座千六百五十年式年大祭奉祝記念事業の一つであります、手水舎敷石工事が終わり、これにより全ての敷石工事は完了する事が出来ました。

工事期間中、ご参拝の皆さまにはご理解ご協力を頂き誠にありがとうございました。

手水鉢も磨いて頂き清々しい気持ちで手、口を清めて参拝出来るようになりました。

f:id:sakitorijinja:20170519144630j:plain

完成にあたりお祓いをいたしました

f:id:sakitorijinja:20170519130115j:plain

f:id:sakitorijinja:20170519130201j:plain

f:id:sakitorijinja:20170519130314j:plain

f:id:sakitorijinja:20170519144726j:plain

流しの処には那智黒石を新たにしき詰めました

f:id:sakitorijinja:20170519130412j:plain

敷石工事の請負会社の秋山秀美石材店の方々です

長い間お疲れ様でした

 

【お知らせ】5月20日(土) ご祈祷時間のご案内

5月20日土曜日は、前鳥神社崇敬会大祭斎行のため、

 

ご祈祷は午前11時よりご奉仕致します。

 

ご参拝の皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

 

また、当日はどなたでもご参加いただけるお茶席や崇敬会市(平塚名店市・野菜直売会・

フリーマーケット)、さらには古代行列・稚児行列、太鼓共演会など楽しい催し物が盛り

だくさんです。

 

どうぞご家族、ご友人お誘いあわせの上お越しください。

 

詳しくは5月18日の当神社ブログをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

【お知らせ】崇敬会大祭が行われます

いよいよ今週の土曜日に迫った前鳥神社崇敬会大祭。

崇敬会は前鳥神社を慕う人々の集まりとして発足し、今年で創立42年を迎えました。その会員が主体となって行う年に一度のお祭りが崇敬会大祭です。

 

【当日の予定】(写真はいずれも過去のもの)

8時50分 総会(研修殿二階)

会員のみ出席。事業報告、決算・予算審議等が行われます。

f:id:sakitorijinja:20170518173835j:plain

9時40分    大祭(ご社殿)

崇敬会会員・氏子役員のみ参列の神事。

※社殿の都合上、当日は9時10分~10時40分までご祈祷を行なえません。ご祈祷を希望の方はその間お待ちいただきますがご了承下さい。

f:id:sakitorijinja:20170518173959j:plain

11時    古代行列・稚児行列(境内・神社周辺)

きらびやかな古代の衣装を着た崇敬会会員とさきとり幼稚園年長さんが神社の周辺を練り歩きます。どなたでもご覧いただけます。

f:id:sakitorijinja:20170518175722j:plain

f:id:sakitorijinja:20170518175919j:plain

11時30分    太鼓共演会(境内神楽殿)

境内神楽殿にて、前鳥神社囃子太鼓保存会様による「前鳥囃子と里神楽」、田村ばやし保存会様による「田村ばやし」が披露されます。どちらも平塚市重要文化財に指定されており、大変貴重な民俗芸能です。前鳥神社境内での初共演ですので、是非ご覧下さい。(写真は里神楽の舞い手)

f:id:sakitorijinja:20170518174358j:plain

9時~11時30分    お茶席(研修殿前)

崇敬会理事 芝岡先生社中によるお茶席が行われます。どなたでもご参加いただけます。服装自由、参加費無料、お作法を知らなくても大丈夫です。

f:id:sakitorijinja:20170518174646j:plain

f:id:sakitorijinja:20170518174813j:plain

9時~14時頃    崇敬会市[平塚名店市・野菜直売会・フリーマーケット](境内)

平塚市内にある食料品の名店や地場野菜の生産組合が行う直売会と、食べ物や雑貨・遊んで楽しめる屋台などが出るフリーマーケットが境内参道を中心に行われます。

f:id:sakitorijinja:20170518174950j:plain

f:id:sakitorijinja:20170518175158j:plain

ぜひご家族でお参りください。

 

境内のユリの花、手水舎工事

 

少しずつ気温が上がり、初夏の訪れを感じるようになった今日この頃。

日光を受けて温まった土からユリが芽を出し、ぐんぐんと成長しています。

f:id:sakitorijinja:20170511145136j:plain落ち葉の間から芽を出したヤマユリ

f:id:sakitorijinja:20170511144003j:plain

徐々に背を伸ばしています

f:id:sakitorijinja:20170511153827j:plain

成長が早いテッポウユリは小さなつぼみを付けはじめています。

f:id:sakitorijinja:20170511155233j:plain

沢山のつぼみが顔を覗かせます。

f:id:sakitorijinja:20170511160506j:plain

こちらは車お祓い所のタカサゴユリ

 

日本のお花の中では格別に大きく、芳香も豊かなユリ。この大きな花が風で揺れる様子から「揺り→ユリ」と呼ばれるようになったと言われます。

古くから切り花として親しまれ、球根はヨーロッパにも輸出されてきました。今日、私たちが目にするカサブランカなど園芸品種のユリも、多くが日本のユリを原種にして品種改良されたそうです。

まさに日本を代表するお花の一つであり、ヤマユリは神奈川県の「県の花」でもあります。これから夏に向かって美しいお花を咲かせてくれますので、楽しみにお待ちください。

 

開花期間予想(天候により前後する場合があります)

テッポウユリ 5月下旬から7月上旬

タカサゴユリ 6月上旬から8月上旬

ヤマユリ   6月中旬から7月中旬

 

神社境内の草木花は神さまのものです。摘んだり折ったりせず、神さまと一緒に目で見て楽しんでいただければ幸いです。

 

また、境内では手水舎の敷石工事が始まっています。

f:id:sakitorijinja:20170511174119j:plain

f:id:sakitorijinja:20170511174338j:plain

今週中の完成予定ですが、この間しばらく手水舎がご利用いただません。

ご参拝の皆さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、奉祝記念事業につき、ご理解の程お願い申し上げます。

 

 

相模国府祭厳修

5月5日に相模国府祭(こうのまち)が行われました。

相模国を代表する六社が合同で祭典を行います。

当四之宮前鳥神社では、午前7時からの発輿祭から午後8時30分までの神輿宮入りまでの間賑々しく盛大に執り行われました。

f:id:sakitorijinja:20170506183651j:plain

発輿祭の様子

f:id:sakitorijinja:20170506184005j:plain

青年会長による手締め

f:id:sakitorijinja:20170506184247j:plain

敷石工事を終えた真新しい参道を進みます

f:id:sakitorijinja:20170506184837j:plain

新しい鳥居をくぐります

f:id:sakitorijinja:20170506185316j:plain

北向観音堂までかつぎ渡御を行い、その後神輿を車に載せて大磯の斎場へと向かいました。

f:id:sakitorijinja:20170506185803j:plain

午前10時30分に大磯の神揃山のふもとの畑中(はたなか)の斎場にて、麦振舞神事(むぎふるまいしんじ)を行いました。平塚市指定重要文化財の神事です。神輿の担ぎ手が力飯(ちからめし)を食べるという神人共食(しんじんきょうしょく)ともいわれる行事で全国的にも大変珍しいものです。

f:id:sakitorijinja:20170506201012j:plain

 氏子総代より白丁姿の担ぎ手に神酒が授与されます

f:id:sakitorijinja:20170506201511j:plain

 太鼓の合図と共に神酒拝戴し力飯を食します

f:id:sakitorijinja:20170506201756j:plain

オー、オー、オーと3度雄叫びを上げます。

f:id:sakitorijinja:20170506202049j:plain

力飯は、大豆入りのおこわ飯、唐辛子、大根の煮もので構成されます

f:id:sakitorijinja:20170506203311j:plain

神揃山を登ります

f:id:sakitorijinja:20170506203615j:plain

午前11時すぎに無事着御しました

f:id:sakitorijinja:20170506204131j:plain

着御の後は神揃山祭を奉仕し、天下泰平、五穀豊穣などを祈願しました。その後正午より座問答が行われました。

f:id:sakitorijinja:20170506205534j:plain

午後1時50分一之宮より順に神揃山を下り、王家場(おおやば)斎場がある馬場公園へ向かいます。

f:id:sakitorijinja:20170506205836j:plain

 f:id:sakitorijinja:20170506210632j:plain

王家場斎場に到着しました。

f:id:sakitorijinja:20170506211035j:plain

七十五膳献上の儀 総社六所神社より各社に神饌が供えられます

f:id:sakitorijinja:20170506211452j:plain

f:id:sakitorijinja:20170506212253j:plain

神対面神事(しんたいめしんじ) 五社の宮司がそれぞれの神社の御分霊である守公神(しゅこうしん)を六所神社宮司へ渡し、五社の神職全員と奉迎使が六所神社の神輿を拝礼します。

f:id:sakitorijinja:20170506212751j:plain

国司奉幣(こくしほうへい)の儀 国司(大磯町長)が一之宮から順に玉串と幣帛を捧げ参拝します。

f:id:sakitorijinja:20170506213300j:plain

神裁許の儀(しんさいきょのぎ)六所神社宮司八幡宮から一之宮の順に参拝し、新しい守公神が納められた事を奉告します。

f:id:sakitorijinja:20170506214609j:plain

午後4時 八幡宮より王家場を発輿しました。

その後神輿を車に載せ平塚へ。午後6時15分四之宮下郷を発ち旧道129号を神社へ担ぎ渡御を行いました。なお下郷からは迎え神輿(前鳥神社大神輿)と共に神社まで渡御します。

f:id:sakitorijinja:20170506220125j:plain

四之宮氏子中を渡御する御霊神輿

f:id:sakitorijinja:20170506222046j:plain

f:id:sakitorijinja:20170506220840j:plain

御霊神輿の後ろに迎え神輿が渡御します

f:id:sakitorijinja:20170506222818j:plain

f:id:sakitorijinja:20170506223109j:plain

f:id:sakitorijinja:20170506224524j:plain

f:id:sakitorijinja:20170506225028j:plain

宮入り前の道中特に神社近くの参道にあたる家々では、麦わらを燃やして迎え火を焚き神輿を迎えるならわしです。

f:id:sakitorijinja:20170506230006j:plain

御霊神輿宮入り

f:id:sakitorijinja:20170506230957j:plain

迎え神輿宮入り

 

今年も四之宮の氏子が心一つに力を合わせて、無事に盛大に厳修されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥居新造工事竣功

昨日、第一の鳥居として新鳥居がめでたく竣功し、くぐり初めを行いました。

折しも国府祭 茅巻き用の茅刈り作業等を終えた役員様のご参列の下、清祓い式を斎行しました。

役員一同、立派な鳥居を仰ぎ見て、喜びに溢れた表情でした。

昨年の11月下旬より工事が始まり、約5ヶ月間に渡り工事が進められ、表参道はようやく御社殿まで全て開通しました。

工事期間中は、近隣の方をはじめご参拝の皆さまにはご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

f:id:sakitorijinja:20170503144632j:plain

宮司並びに責任役員以下役員をお祓い

f:id:sakitorijinja:20170503144919j:plain

新鳥居を大麻(おおぬさ)と切麻(きりぬさ)でお祓いをしました

f:id:sakitorijinja:20170503144959j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20170503145121j:plain

 

f:id:sakitorijinja:20170503145447j:plain

お祓い後参列者全員で待ちに待った新鳥居をくぐりました

f:id:sakitorijinja:20170503145536j:plain

 

鳥居新造進捗状況報告⑩

本日、鳥居正面の扁額の取り付けが行われました。

文字は神奈川県神社庁長  鶴岡八幡宮 吉田茂宮司様にご揮毫いただきました。

材質は鋳物製で、文字部分と縁取りは金箔が使われています。

洗い出しの鳥居に約70キロの扁額が取り付けられ、一層重厚感が増しました。

この鳥居、清祓い式の後、4日より通行可能となります。

5日には、相模国府祭の神輿のお発ちをお見送りする事となります。

f:id:sakitorijinja:20170502140131j:image

f:id:sakitorijinja:20170502140159j:image

f:id:sakitorijinja:20170502140224j:image

f:id:sakitorijinja:20170502140247j:image

 

 

昭和祭と境内奉仕作業が行われました

本日8時半より、氏子役員の皆様方にご参列をいただき昭和祭が執り行われました。

 昭和63年までは昭和天皇誕生日として、ご崩御後は「みどりの日」とされていましたが、平成19年より昭和の日となり本日に至ります。その昭和の日は法律によると、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」祝日だと定められております。今朝は北朝鮮がミサイルを発射したとの報道がありましたが、まさに我が日本国民全員が昭和の日の意味を深く考えた一日になったのではないでしょうか。

 祭典後は恒例により、神社役員並びに左喜登利会の皆様により境内の樹木の手入れと消毒作業が行われました。 5月5日の相模國府祭を目前に境内は清々しく整いました。

 

f:id:sakitorijinja:20170429171347j:plain

f:id:sakitorijinja:20170429171355j:plain

f:id:sakitorijinja:20170429171402j:plain

左喜登利会 総会が開催されました

4月22日(土)に、前鳥神社研修殿にて、前鳥神社氏子役員会OB組織である左喜登利会の定期総会が開催されました。

 議案審議では年間の事業報告、決算、事業計画、予算案等が審議され全会一致で承認されました。長年会長職をお務めいただいた鈴木雅晴会長が退任され、今年度からは田辺剛新会長へとバトンが渡されました。

 その後は会場を移して懇親会が行われ、新旧会長の門出を祝いました。

 f:id:sakitorijinja:20170429173550j:plain

f:id:sakitorijinja:20170429173555j:plain

f:id:sakitorijinja:20170429173607j:plain

f:id:sakitorijinja:20170429173603j:plain

前鳥神社

〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮4-14-26
御朱印・お守り 受付時間・・・・8時〜17時
御祈祷 受付時間・・・・9時〜16時30分

TEL 0463(55)1195 FAX 0463(55)1370

ご質問|お問い合わせ